読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に麻倉ももさんのことを書きます

2016年7月

3日

5pb祭り 「ANONYMOUS;CODE」 トークステージ

ベルサール秋葉原の野外ステージ。 優先スペースの抽選に当たったので前のほうでゆったりと鑑賞できて良かった。 一般スペースにはまあまあ人はいたけど、そう人でごった返すというほどではなかったように見えた。

登壇者は夏川さんと千葉翔也さんとプロデューサーの人とツイキャス経由で志倉千代丸。 司会は吉田。普通の司会。変な登壇者いじりとかいらないんでいつもこういう感じでお願いしたい。 キャストの二人は事前情報がない状態で登壇していたので、特に話せることがなさそうで少し気の毒だった。

ちょうど選挙シーズンで、選挙カーが会場のすぐ横に陣取って演説を始めたりなど、ステージの音声が聞き取りにくいタイミングがあるほどだった。 その時スクリーンに流れてきた「選挙カーに負けるな」みたいな視聴者コメントに対して夏川さんが苦笑していたのが、同時代を生きてる感じがして良かった。

9日

超絶 盛り上がってゆこう!トーク&ミニライブ 東京 第1部

High Free Spirits のリリイベラスト。 会場はサイエンスホール。直前まで仕事をしていたためギリギリで入場。

挨拶。リリイベツアーファイナルですね、という話。傾斜がついてるから座っても大丈夫、とか。

麻倉さんの服装。緩いブラウンのカットソーでいいのかな。膝丈のブラックのスカートの上に同じくブラックのレーススカート。 色合いだけみると秋のイメージなので、やっぱりこういうしっとりとした色合いが好きなのかなと思う。 髪型が珍しいスタイル。右側は頭皮が見えるくらい深く編みこんで、残りは全て左側に流していた。 大人っぽいなあ、という第一印象。22歳のお誕生日を迎えた後初めてのイベントだったということもあるから尚更。 あまりわざとらしく大人っぽい大人っぽいって褒め方をするのもアレだけど。

構成は「ハイフリートーク」の後ミニライブ。

ハイフリートーク。

  • クールな表情をしてください

    • 夏「あーなんだよー」「(大阪で)破ったよね」
    • 麻、机をグーで殴る。雨「麻倉怒ってる」
    • 夏「箸が転がっても笑う年代だからこういうのダメだって」
  • 好きな動物について100秒プレゼン

    • 夏「泣きそう」
    • 麻「あんなにパンダ好きだったのに」
    • 夏「パンダパンダずっとパンダ」
    • 雨「頑なにやるんだね」
    • 麻「一旦認めれば楽になるよ」
    • 雨「こういう時の麻倉氏強いんですよ」
  • Various Blue について

    • 100秒プレゼンだったかな...
    • 雨「自分でいうのもなんだけどめちゃくちゃかっこつけてる」
    • 雨「大人っぽいワルツっぽい曲があって。大好き」
    • 夏「かっこつけてると言えば右手のそれはなんですか」
    • 夏「説明するとブレスレットと指輪が一体になってるんですが」
    • 雨「二人にめっちゃ中二病って言われたんですよ」「思春期が終わらない」
  • 雨の好きなところ

    • 夏「あーと、ゲームがうまい。今日みつけた」「楽屋に古いゲームが置いてあるんですよ。ファミコン
    • 雨「あれがファミコンなの」
    • 夏「ファミコンスーファミと64があって」「スペランカーってやつをやってて」
    • 客が大きく反応したのを受けて、麻「そんな面白いゲームなの?」
    • 夏「死にゲーで」麻「しりゲー?」夏「死にゲー」
    • 夏「ものの10分くらいでね」
    • 雨「いやー全然むずかしくないなって(わざとらしい感じで)」
    • 麻「こういうところが好きかな」
    • 麻「私入っていけないなってなってた」
    • 夏「(麻のほうを見て)エレベーターから降りられなさそう」
    • 雨「降りるの失敗すると即死んじゃうんですよ」
    • 麻「骨折するの?」
  • 海の思い出

    • 麻「中三の時に友達と制服で海に飛び込んだ。青春っぽいことがやりたくて」
    • 夏「浅はかだなー」
    • 雨「ドラマみたいって思ったよ」
    • 雨「帰るの大変だよね」
    • 麻「帰りはバスで帰った。普通に乾くんですよ、夏だから」
    • 麻「なんちゃん白い目で見ないで」
    • 雨「この人大人になって暗い顔するようになったんですよ」
  • 夏の好きなところ

    • 雨「なんかねー......すごい可哀そうなところ。可哀そうなやつだな、というか」
    • 麻「髪の毛好き。まとまってるよね」
    • 夏、何か言う
    • 麻「ネガティブだなー」
    • 雨「ほら、暗い顔するようになったんですよ」
    • 夏「誰のせいだと思ってるんだ!」
    • 麻「20歳目前にしてね、色々あるから」
    • 夏「社会って厳しいなあ」
  • 僕らのシンフォニーの振り付けで好きなところ

    • 夏「手自由だからね」
    • 麻「だからない」
    • 雨「超絶盛り上がってこーが好き」
    • 麻「そう!みんな好きなのに覚えられてない」
    • 夏「しー!しー!」
    • 1番と2番で振り付けが違ってややこしいらしい
    • 雨「それ言ったら見られるじゃん」
    • 麻「まあ私は?間違えないから」
    • 夏「もちくらさんねー、ややこしいフリ間違えないんですよ」
    • 振り講座が始まる
    • 夏「お仲間に教えてください」

ミニライブ。

挨拶

  • 雨「色々回らせてもらて、100秒プレゼンが多かったので伝えられたかなと。リリイベで思いが深まった」
  • 麻「いままでで一番回ったのでは。距離が近いところで。まだリリイベあればいいな、と...あるか...ないか?」
  • 夏「沢山の人にCDを買っていただいた。新しい人もずっと応援している人もぐるっと巻き込んでついてきてください」
16日

Sail Canvas のリリイベと、Sail CanvasHigh Free Spirits の同時購入キャンペーンA賞のイベント。 同日同会場での開催だった。

「キミにわたすよ」ポスターお渡し会 東京 第1部

会場は発明会館。お渡し会かあ、お渡し会なあ、と思いながら会場に向かう。

麻倉さん、可愛らしいピンクの膝上のスカート。一気に緊張してしまう。単純だなあと思う。

挨拶。

  • 夏「ドキドキする。はじめてだもんね」「こういうの初めての人っています?」
  • 結構いる。
  • 雨「なんだ一緒じゃん」
  • 夏「おて柔らかに」
  • 雨「優しい顔で来てください」
  • 太「無表情で来たらどうします」
  • 麻「無表情で返そうよ」
  • 雨「私たちからにこーって」
  • 麻「そうします」
  • 太「意気込みとかあります」
  • 夏「絶妙な角度で」
  • 雨「顔も絶妙な角度で」
  • 麻「じゃああなたはそうしてください」
  • 全員で深呼吸する。
  • 麻「スースーハーだっけ」

麻倉さん、左に白い二連の大きめのブレスレットを付けていて、時折いじっている様子が見受けられた。緊張しているのだろうかと思う。一人目が来る直前に「よおし。来い!」と突然叫ぶ。

流れ。 壇上に上がる前に荷物をスタッフに預けて上手側から上がる。 「ありがとうございましたー」と言われながらポスターを渡される。 3秒から5秒くらい。下手側から降りる。 終わったら即退場。

前から5列目くらいだったから15分くらい会場にいられたと思う。 当たり障りないことを言って、当たり障りない返答をもらって退場した。

High Free Spirits」&「Sail Canvas」連動購入キャンペーン A賞 伝声管風「糸電話」ささやき会

参加者は50人。発明会館のキャパが250人くらいで、前から詰めて座らされたので後ろ半分が空く状態となる。

注意事項の後、上手側より出てくる。50人しかいないから会場がぱっとみ寂しいね、みたいな話をしている。

舞台後方から伝声管登場。5m 程度の長さの金色パイプ。糸電話とは...。確か素材は金属だったような...気がする。伝声管なので両端が漏斗状になっている。

システムの説明。 客は下手側で、一人一人舞台上に上がり、伝声管に耳を付けて待機。上手側から三人同時に、申込時に入力してあった「言ってもらいたい言葉」を一人一人言ってもらう。 題目の「ささやき会」というのは真っ赤な嘘で、「言ってもらいたい言葉」は普通に 5m 離れた下手側の客と話すような声(= それなりに大きな声)で伝声管に吹き込まれる。そのため、何を言ってもらっているかは他の客に丸聞こえ。 その話をされた時客が一斉に「マジか〜」みたいな反応するのを見て、天さんがものすごく悪い笑みを浮かべる。

上手側に座っている人から順番に下手側舞台下に待機。直前にスタッフから、番号と名前と言葉が印刷された A4 程度の用紙を見せられ、正しいかどうか確認を求められる。同じ紙が三人にも渡されている。客がスタンバイすると、「〜番さんです」とスタッフが言うので、その番号の言葉を言ってもらう。

立ち位置は奥から順番に夏麻雨。つまり下手の客から見るといつもの並び方になっている。 真ん中の麻倉さんが言ってもらいたい言葉用紙を持っている。 一度用紙をめくり間違えて、違う人のセリフを言ってしまったことがあった。

  • 麻「今のは無かったことにしてください!」
  • スタッフ「聞いてなかった聞いてなかった」

アットホームな感じ。

間違えて先に読んでしまった人の言葉を言う時、「語尾にハートを付けていいますから」と言っていた。

一人一人、終わるたびに客席から拍手がある。終わった客はそのまま客席に戻り、全員分終わるまで待機する。 客が壇上から降りるまでずっと手を振ってくれて、降り終わるくらいのタイミングで一言言ってくれる。(なぜかわからないが麻倉さんが結構ぐいぐいと客に対してコメントをくれる)

「言ってもらいたい言葉」は、申込時に結構長いこと入力できるようになっていて、その長さは人それぞれだった。 一言だけの人もいれば、長々と言葉をもらう人もいた。多くの人は15秒程度だったと思う。 言葉の内容は、勉強頑張れとか仕事お疲れ様とか夢や目標を実現させてねとか...。

内容が具体的な人が多く、人の人生の一端を垣間見ることができたように思った。 みんなそれぞれ生活があって、色々なことを考えながら声優を見に来ているんだな...としんみりする。単純な人間なので。

自分の順番は全体のちょうど半分くらいだった。仕事頑張ります。

全員分終わった後、挨拶。 「みんないろいろあるんだなと思った」「私達も頑張ろうと思った」と、いつものイベントとは違う雰囲気の挨拶だった。

30日
「キミにわたすよ」ポスターお渡し会 名古屋

お渡し会かあ、お渡し会なあ、と思いながら新幹線に乗る。 第三太閤ビル。

司会はいつもの人。今回初めて「Aniplex 太田です」と自己紹介があった。

  • 夏「今日も絶好調でしたね(太に)」
  • 麻「笑いとってましたね。猫のお姉さん」
  • 夏「いつも猫っぽい服を着ているから」

http://nya-shop.net/ をいつも着ている。

  • 太「今日は本名言いましたからね。ずっと誰だろうと思われてただろうと。」
  • 麻「猫のお姉さんと呼んでください」
  • 太「今日猫多めで。(服の猫の中に)一個頭が取れてるのがあるんです」
  • 夏「うわ、グロテスクー」
  • 太「私の話を聞きたくてきたんじゃないでしょ」

  • 雨「10分前にご飯をいただきまして、上に手羽先を用意していただいて」

  • 麻「食べた!」
  • 夏「名古屋コーチンもね」
  • 麻「地方に来たらだぼっとした服着ないと。私ね、ちゃんと考えてきた」

  • 太「今日土用の丑の日なんですよ」

  • 麻「ほんとだ!」
  • 夏「今日土曜だから丑の日」
  • 雨「土曜とは関係ないんですよね」
  • 夏「え?土用の丑の日って言われてる日だいたい土曜じゃないですか」
  • 麻「(客が)首かしげてるよ」
  • 太「上にひつまぶしも用意してありましたが」
  • 麻「ひつまぶし食べたの私だけなんですよ」
  • 夏「ひつまぶしはこのあいだ食べたから、とりめしにしようと思って」
  • 麻「あーあー土用の丑の日なのにー」
  • 客笑う
  • 雨「うなぎ屋にとってすごくいいお客さんだ」
  • 夏「土用の丑の日にうなぎ食べると何が起こるんですかね」
  • 太「夏バテにいいとか、栄養が多いから夏の暑い時期に食べるといいという話で」
  • 麻「へーインテリだ」

という感じで前置きがそれなりにあった。お渡し会に入る。

  • 太「準備OKですか?」
  • 雨(右上に手を伸ばす)
  • 雨「ごめんこれ私達しかわからなかったね」
  • 雨「リハの時にね、OKだったら私達こうするんですよ(と言いながらもう一回やる)」

小さい会場だったけど一人あたりの時間は特に他会場と変わらず。 最後列だったので、15分くらい会場で待機してそのまま退場した。

「キミにわたすよ」ポスターお渡し会 大阪

ゲーマーズなんば店。 前のほうの列だったため、水のストローの色がちゃんと左から黄ピンク青になっていることが分かる。

  • 夏「今日の調子はどないでんかー」
  • 客「ぼちぼちでんなー」
  • 夏「あってたっぽい」

  • 雨「もち名前言った?私名前言うの忘れた」

  • 全員名前を言い直す

  • 麻「このあいだぶりですね」

  • 雨「前回はめっちゃドヤ顔だったけど、今日は笑顔でね」
  • 麻「ジャケドヤ顔多いよね?」
  • 雨「そういうユニットなんだよ」
  • 麻「やめてよ、一人だけだよ」

  • 夏「雨宮さんまた服をカーテンから取ったんですか」

  • 雨「あの時(前回のリリイベ)はパンツが青くてね、今日は大丈夫です。たこ焼き食べてゴキゲンですから」
  • 麻「ソースと醤油があってね」
  • 雨「大阪の方どれくらいいらっしゃいます?日常的にたこ焼きって食べるんですか?」
  • 食べない人も半数くらいいる
  • 夏「千葉県民落花生食べないよ」
  • 麻「福岡県だけどたこ焼きめっちゃ食べる」
  • 夏「ちょっと違うかな」
  • 雨「東京...は東京ばなな
  • 麻「東京ばななって駅しか売ってないよ」
  • 雨「たこ焼き近くに売ってるやつだと思うので、よかったら。たこ焼きの宣伝に来たみたいになってる。」
  • 麻「(Sail Canvas を手に取りながら)これはいっぱい曲が入っているCDなので、良かったら」
  • 夏「今来てるのこれ買って当ててる人たちですから」

  • 夏「今日前にお立ち台みたいなのがあって、卒業式っぽいよね」

  • 夏「横で教頭先生がすっすっと卒業証書をね」
  • 雨「小学生の時に将来の夢語らされなかった?私は何何になりたいみたいな」
  • 麻「それメジャーなんですか?」
  • 微妙な反応
  • 雨「私記憶作った?記憶が薄いところあるから」
  • 夏「立ち位置的にはもちょが校長先生みたいな」
  • 麻「まあね(かなり得意げに)」

机の前に少し段差があって、確かにちょうど卒業証書を渡されるような形になっている。

お渡し会へ。二・三分ですぐに退場。

31日

High Free Spirits」&「Sail Canvas」連動購入キャンペーン B賞 スペシャル映像上映会

会場はエムワイ貸会議室高田馬場。注意事項に「メンバー本人の登壇はございません」と書いてある。

Sail Canvas に収録されていた撮影メイキング映像のアウトテイクが30分弱あるので、 それをみんなで見ようという感じのイベント。 映像の内容は当たり障りない断片的なアウトテイク、という感じ。

  • 太「会場が貸し会議室ということで、株式会社 TrySail 入社説明会みたいな感じなんですけど」

貸会議室の別室でどこかの会社の入社説明会が行われていた。

上映。

  • 挨拶の映像から始まる。

    • ?「本日はアルバムのDVDには収録されていない映像をね」
    • 麻「わ〜いいんですか〜」
    • 二人同時に「いいんですよ〜」
  • YD ジャケット撮影

    • 寒そう。ずっとホッカイロを振っている
    • ロケ車の中で(確か夏が)顎の前で合掌して首だけ動かして遊んでいる
    • 麻「すごーい、アレみたい。アラブさん」
  • YD PV撮影

    • しきりに小芝居と 575 をやっている
      • 麻「(天に)この世のもの全て自分のものだと思ってるでしょ」夏「(横から)当然じゃん」
      • カメラを向けられた時にこれ撮ってるんですか?どうしよーみたいなやつとか。
    • 窓際でカメラを向けられて
      • 麻「素晴らしい東京の、ここ東京ですよね。景色が一望できる素晴らしい学校です。皆さん入学しましょう」「私めっちゃ勉強してましたもん。それは嘘ですけど。」
    • 差し入れを食べているシーン
      • 麻「これあれみたい、水まんじゅうの...」
      • 雨「何それ」
      • 麻「え!水まんじゅう知らない人っているんですか」
  • コバルト ジャケット撮影

    • 夏食事中
      • 夏「え、カメラ回ってるんですか?何テレ何テレ?」
      • とふざけていたら割り箸を飛ばしてしまい、落ちる寸前に拾う
      • 夏「ギリギリセーフ」
    • 休憩中?
      • 麻「止まれ」
      • 雨「静まれ」
      • 夏「(雨に)静まれ」
      • 雨「誰が静まるかー」
    • 夏と麻が窓際で見つめ合う
      • 夏「どちらが長く耐えられるか」
      • 映像が早送りになる
      • 夏「だめだだめだ」
    • 同じ窓際で
      • 夏「ほら、アレがスカイツリーだよ(嘘)」
      • 夏、窓の外を向いた麻に対して窓ドン(?)をする
      • 麻「え、どこどこ?」
      • 麻、まったく気づかないでスカイツリーを探す
      • 麻「ごめんごめんごめん」
  • コバルト MV 撮影

  • whiz ジャケット撮影
  • whiz MV 撮影

    • 麻と夏が指で遊んでいる
    • 椅子に座っている?
      • 麻「(自分の髪について)つけ毛」
      • 麻「にせもの」
      • 夏「でもニュージーランドって書いてあったよ」
      • 夏「この長さってことは結構ばっさりいったね」
      • 麻「この色だと結構アジアのね」
    • 麻、雨に「ポニテ最高」
    • イチゴのレポート
      • 麻「とてもつぶつぶが大きくて、一つひとつのあまさが、とてもある、おイチゴだと思います」
    • 夏の休憩中?
      • 太、夏に「今から15秒笑わないでください」
      • 笑ってしまう
      • 夏「何とってんだよー」
    • 天、弁当を食べている
      • 太「雨宮さんは常に美しいことで有名ですが美の秘訣は」
      • 雨「そうねえ(芝居がかった調子)、美の秘訣、美の秘訣ー...美の秘訣かあ(素になる)...」
  • Sail Canvas ジャケット撮影

  • ひかるカケラ MV撮影

    • 夏、地球儀に星座が描かれているので蟹座を探す
      • 蟹座だけ金具の下に隠れていた
    • 麻、撮影現場について「あそこビリヤード台ありましたよね。大学生とか。パーリーピーポーみたいな」
    • 海辺でなぜか海藻を集めている姿とかがうつっている
  • おわりの挨拶

    • 雨「いやー超仲よかったねー全然ビジネスなんですけど」
    • 雨「YD のジャケ写や MV 撮影の現場では 575 が流行ってた、ということで 575 していきましょう」
    • 雨「後悔の無いよう航海していこう」
    • 麻「これからもおいしいものを食べたいな」
    • 夏「この一年いい sail out できました」
    • 夏「どうや」

終わり。