主に麻倉ももさんのことを書きます

2016年6月

5日

LAWSON presents TrySail Live 2016 "Smooth Sailing"

梅雨が来ていた。寝不足だったということもあり若干吐き気を感じながらみなとみらいへ向かう。 ガチャの缶バッジを集めた後、時間があったので帆船日本丸を見に行く。 氷川丸には何度か行った覚えがあったけど、日本丸に行くのは初めてだった。

船内は休日にも関わらず、数人程度の客としかすれ違わず非常に静かだった。 ライブタイトルが Smooth Sailing / Headwind Sailing だということもあり、 帆船は揚力によって風上方向に対しても推進力を得られている、ということに思いを馳せていた。 その意味において、帆を持って外海に発つのは翼を得ることに匹敵するだろう。

会場はパシフィコ横浜。開演前、波音のような SE が流れている。

  • 30分劇場「逆風探偵」

    • 舞台全体がコントのセットになっている。雑居ビルの一室風。窓ガラスに裏文字で「夏川探偵事務局」。
    • 台本を手に持ったままマイクスタンドの前でやるスタイル。
    • 衣装
      • 夏、ベージュの探偵服。
      • 麻、水色の少年風の半ズボン、ベルト、青いジャケット、赤い蝶ネクタイ、黒縁メガネ。メガネは劇中で外す。
        • これに加えて白地にピンクのローラースニーカーを履いている。腕時計を右手にしていたような気がする。
      • 雨、水色のシャツに白黒柄のスカート。
    • ストーリー
      • 猫探しくらいしか仕事の来ない夏川探偵事務局。暇そうにしている夏と麻のもとに雨が訪れる。例のごとく飼っていた猫、チャタロウを探して欲しいとのことだが、言動に多少の違和感が。何か嘘をついているのでは、と夏が指摘する。猫は自分の猫ではなく、失踪した姉の猫だった。麻が朝方、ちょうどある家で猫を探していた。そこはおそらくその姉の家だろう。終
  • OPムービー。今までのライブ映像とMVを順繰りに構成。

  • 舞台後方、白い幕の中から。ひかるカケラ、sewing dream。
  • 衣装、全身白。袖が短い...
  • MC
    • 麻「なんかはじまったー」
    • 夏「30分前から始まってたけどね」
    • 夏、コントで古畑任三郎の真似をしていたので癖になってしまっている。
    • 麻「緊張してたんですけど、出てきたらわーって感じ、新曲ばかりですが俄然楽しみに」
    • 雨「フリがついて好きになった曲があるので」
    • 麻「(パシフィコ横浜)広くなってるのかな?増築した?」
  • whiz、コバルト、High Free Spirits
  • MC
    • 麻「汗が目に入って痛い」、と言いながらタオルで拭う。ソロの準備のために退場。
    • 夏「ドヤ顔が恥ずかしくなくなった」
    • 雨「いい傾向ですね」
    • 夏「こうはならない」
    • 麻、2階からこっそり出てこようとするも客の反応で気づかれる。麻「気づかれた」
    • 手を伸ばしながら、麻「ロミオー!」雨「ジュリエットー!」
  • 麻ソロ
    • 衣装。膝上のピンクのスカート。紫、肩だけ出している。絵に描いたかのようなアイドル性。
    • 2階にはからあげクンがない。
    • ケータリングが肉だらけだった。
    • 麻「野菜はちゃんと採ってくださいね」客「はーい」
    • 「気になってた曲」ということで桃色片想い。振り付けは完コピ。
  • 夏ソロ
    • 開口一番、「私のことバカだと思ってませんか?」 リスアニ TV に出演した時の話。
    • 小学校の時分数が苦手だった。分数の曲、ということで 1/2。
    • こういう曲が本当に良く似合う。良かった。
  • 雨ソロ
    • 1/2 に触れて、間奏の振り付け可愛くないですか、と言う。
    • 1stアルバムと1stソロライブの発表
    • 万雷の拍手が本人にとっては予想外だったらしく、かなり驚いている様子
    • Skyreach
  • MC
    • 麻、夏、衣装替えして出てくる。
    • 衣装、水色がベース。スカートはパッチワーク風。ベルト、襟、スカートの裾が赤色のカーペット風の柄。
    • 麻「ここまで何曲だっけ?ソロを3曲やりましたー」
    • 麻「桃色片想い、歌えて嬉しい」
    • 夏「桃色が付く曲かわいい。(麻に)合ってる」麻「へー」
    • 夏「全曲やろうよ」麻「へー」
    • 麻「冒頭のお芝居、(コナンの服が)着れましたねー」
    • 麻「忘れてたけど(コナンの服を着るのが)夢だったんですよ」
    • 雨来る。麻「天だーやったー」
  • カバー、夏を待つセイルのように
  • MC
    • 麻、衣装について、スカートの裾の柄に触れて「柴犬みたい」
    • 夏「天才ですね」麻「私?ありがとー」
  • パーリーパーティー、あかね色
    • パーリーパーティ、「背中預け合っていこう」とか「夢で逢いましょう」のあたりの振り付けが好き。
  • MC
    • 雨、最近掃除をしているらしい。アルバムをかけながら掃除をしている。
    • グッズの話。夏、ジャージがお気に入り。
    • 麻「私も早く開けよう」
    • 麻、グッズを事務所に置きっぱなし。
    • 客にウェーブをさせる。上手から下手に。舞台上の旗も下手に向かってはためいている。
  • 明日も晴れる、primary、Baby My Step
    • 明日も晴れる、ピースを三人合わせて三角形にするところが良い。それでぐるぐる回る。
    • primary、単純な人間なので「ハグしよう」でハグするところで嬉しくなる。
  • MC
    • 麻「暑いー」
    • 雨「primary の振り付けは Baby の激しさを超えた」
    • 麻「言ってもいいですか?」「次が最後の曲になります」客「えー」麻「それが現実」
    • 挨拶
    • 麻「1stアルバムが出て、聴きこんでくださって。みんなで作って素敵なアルバムがより素敵になりました。こんなに沢山の人に来てくださって、いつもありがとう。みなさんのおかげです」
    • 麻「最後の挨拶を言うという大役をね」
  • Youthful Dreamer
  • 一旦幕。アンコール
  • 僕らのシンフォニー
  • MC
    • それぞれのカラーのライブTシャツで出てくる。
    • 挨拶
    • 夏「アルバムが出て、家族が増えたみたい。新しい曲に対する愛情が増えました」
    • 麻「楽しかったですか?(客の反応を伺う)満足です。リハで凄く間違えて、大丈夫かなと言ってた。皆さんのひかる...ひかるカケラ。人間だから忘れることもある。ひかるカケラで皆さんの顔をみたら楽しく。アドレナリンが凄く出た。ここまで楽しいとは。18日来る人は楽しみに。来れない人はまたどこかで」
    • 雨「新しい曲は全部やらせていただいて、カラフルなアルバムがよりカラフルに。皆さんのおかげで楽しく、2年目も try していきます」
  • Sail Out
  • 舞台中央の階段を登り、白い幕の中に去る。

天さんのアルバムの予約をしてメッセージカードをもらい、帰路に付く。

新曲の振り付けがどれも可愛らしくて良かった。でもどうにも双眼鏡で見るばかりになってしまって少し悪いな、という気にもなる。麻倉さんに関しては、この日はやけにぽけっとしていたな、という印象。何か熱にうかされているかのようだった。リハで凄く間違えていた、という話があったこともあり、少し気を揉んでしまう。

11日

High Free Spirits のリリースイベント

超絶 盛り上がってゆこう!トーク&プレゼント抽選会 名古屋

名古屋。13時開始だったのでのんびり起きて新幹線で向かう。 会場は第三太閤ビル。キャパ100人強。

上手のほうから出てくる。 挨拶。狭い会場だからか客の勢いがすごいみたいな話。昼は天むすとひつまぶしを食べたらしい。

構成は「ハイフリートーク」の後、プレゼント抽選のじゃんけん大会。

麻倉さんの服装。黒。Vの字状に胸元が開いている。背中も少し開いているのに気付き、背筋が伸びる。 灰色のワイドパンツ。高めの黒のヒールブーツ。 先週のライブの衣装とは打って変わってのモノトーンの印象が嬉しい。 その印象に、左腕の銀色のブレスレットと首元のチョーカーが添えられている。 チョーカーは少し意外だった。ブレスレットは最近よくされていたけれども。首元締まるのが苦手だという話があったし。

ハイフリートーク、良い話が多かったので箇条書き。

  • High Free Spirits を初めて聴いた時の間奏

    • 麻「なんかある?」
    • 麻「いい曲だーってなったけど、MV真顔なやつだなと思って」左手を頭に乗せながら「どーしよーって」
    • 麻「私先を見越せる人だから」
    • 雨「曲はスルメだなと思った」
    • 麻「あーおいしいよねー」
    • 夏「スルメの意味がわからない」
    • 雨「まあ...もちに聞くといいよ」麻「言う!」
  • Various Blue について100秒でプレゼン

    • 雨、タイトルに込められた意味を説明しつつ、「候補が上がっている段階だけど、私の好きな感じの曲がいくつか。でもみんなにとってはどうだろう」
    • 麻「天の好きな曲がみんなの好きな曲だから」
    • 雨「あったかい...」
    • 夏「ところで Various Blue ってどういう意味?」
    • 麻「この人話を聞いていませんでした!」
    • 夏、上手側(楽屋口がある)に逃げる
    • 夏「私にもちが移ったのかも、真ん中にいるから」
      • 座り順がいつもの(いわゆる TRY の順番)ではなく、左から雨夏麻の順番だった。
    • 麻「そんなわけないよ」
  • High Free Spirits について100秒でプレゼン

    • 腕を組んであらぬ方向を見る麻と雨。仕方ない感じで夏から話し出す
    • 夏「スペルチェックが面倒くさい」
    • 麻「カタカナで打って変換すると出てくるよ」「私進んでるから」
    • 夏「TrySail って打つ時、TV って打ってから V を消して打ってる(?)」
    • 麻「おっくれってるー」
  • 朝ごはんに何を食べているか

    • 雨、やけにテンション高く「私あるよ。緑のパッケージの麦のポン菓子。それに牛乳かけて食べてる」
    • 夏「アイス」
      • 麻「出た出た」「この人休日はポテチ一袋食べてるんですよ」
      • 麻「朝食のおかずは?」
      • 夏「炭酸ジュースがおかず」
      • 麻「出た出た」
    • 麻「フルーツとヨーグルト」
      • 雨「モデルみたい」
      • 麻「おなかすいてるとうどん食べる」
      • 雨「朝作るの大変じゃない?」
      • 麻「スープは作って置いてある。具は冷蔵庫にあるもので」
    • 麻「私が一番しっかりしてる」
  • 麻の誕生日について、どんな風に祝うか

    • 麻「お祝いする前提なんだ」
    • 雨「意外とネガティブだね」
    • 夏「まあトラハモとかで祝えば」
    • 麻「ビジネスですかー?」
    • 雨「誕生日なんだーへーって言いながらおめでとーって」
    • 雨「何が欲しいの?」
    • 麻、左手を頭に乗せてえー、と言いながら「どこでもドア」「宇宙旅行
    • 客席が湧くので少し間を置いて、麻「一緒にいてほしい」
    • 雨と夏が可愛い、と反応してくるので、麻、すごく照れた様子で手を振りながら「そういうことじゃないそういうことじゃない」「空間が大切」
    • 雨「交換日記やってた頃に鍋パをして、私となんちゃんでルーズリーフに材料書きだしたのを思い出した」
    • 夏「まあ三人まとめて9月にやろうか」
    • 雨「私のライブが...」
    • 麻「プレゼント。2人のために歌いますって感じで」
    • 麻「予想以上に(客が)喜んでる」
    • 雨「2人の名前に歌詞を置き換えたりして」
  • 好きな食べ物について100秒でプレゼン

    • 麻「私の好きな食べ物はなんでしょうか」
    • 客「うどーん」
    • 麻「正解!」
    • 麻「主食のなかでも食べやすくておいしい。麺のなかでも食べやすくて、おいしくてバリエーションがある。様々な年代の人にお勧め。これを考えたのは......私だ!」
    • 夏「うどんを考えたのはウー・ドンさんだよ」
    • 麻「嘘は良くない」
    • 麻「うどんはさらっと食べられるしがっつりもいける」
    • 雨「風邪の時とかね」
    • 麻「そー!よく分かってる」
    • 雨「よくしゃべるもちだった」

じゃんけん大会。麻「パー出す」雨「やめなよ。かわいそうだよ」麻「パー出すかもしれないし出さないかもしれません」、というやりとりをして結局チョキを出す麻倉さん。

挨拶。雨「天むすに仲間意識を抱きました」麻「共食いだ」

早く着いてもやることないので近鉄アーバンライナーで大阪に向かう。

超絶 盛り上がってゆこう!トーク&ミニライブ 大阪

大阪。会場はゲーマーズなんば店。と書いてあるけどその横にあるカードショップの中でやる。

構成は「ハイフリートーク」の後ミニライブ。

下手側少し後方に入り口がある。挨拶。

  • 麻「こんばんわー?こんにちはー?どっちでもいいか」「眠くないですかー」
  • 夏「もうかりまっかー」客「ぼちぼちでんなー」夏「ばーん!」客「うわあ!」
  • 雨「バーン!バーン!バーン!」「凄いの知ってるね」

ハイフリートーク。

  • 大阪名物について

    • 麻、「あー」と言いながら左手を頭に乗せる
    • 麻「たこ焼きとえび焼きを食べた」
    • 客席にえび焼きを食べるか聞く。あまり食べない。麻「東京ばななみたい」
    • 551の話。麻「最近は冷凍もあるからね。冷凍あなどるなかれよ」
    • 雨「呼吸チョコとか...少しいいチョコ」麻「呼吸と高級ってね」客席の反応は良くない。麻「大阪は笑いに厳しい。いつもだったらドッカンドッカンですよ」
  • Various Blue について100秒プレゼン

    • 雨「ライブの光景が目に浮かぶ。かっこつけて歌う様子とか」
    • 麻、何か雨が言うたびに「わあ」みたいな反応をする
  • クールな表情をしてください

    • このお題は新宿リリイベでも名古屋リリイベでも引いて、両方失敗している。
    • 夏「引いてしまったなあ」麻「このお題入れないでよ」
    • 麻「破っとこう」と言いながらお題が書いてある紙を破る。夏「あーあーあー」
  • 関西弁で自己紹介

    • 雨「この青いいやろ」と言いながら、片足を上げて手で指す。雨「あそこ(会場の垂れ幕)と同じ色やで」
    • ステージ横、下手側だけ青い垂れ幕の下半分が欠けている状態だったのを見て、麻「どうりでここ半分ないと思った」
  • ジャケット撮影時のエピソード

    • 露光を長く取りながらカメラの向かって三角形を書いた時の話。
    • 夏、麻に露光の説明をする。麻、上を向いて微妙な表情をする。雨「覚えてないのかな」
    • 三角の描き方には人間が出るらしい。麻「私が三角を描くと丸になるんですよ」
  • TrySail について100秒プレゼン

    • 夏「何か知りたいことあります?名前の由来も言ってるしなー」
    • 雨「私達って何?」麻「人間」
    • 雨「あ、でもこれ関係ないかなーなんでもない」客が聞きたがる様子なので言うことになる。
    • 雨「whiz のリリイベの時、大阪に向かう新幹線の中でお話を作った」「(麻に)え、覚えてないのー?」
    • 麻が暑いのが苦手だという話から、季節を擬人化した話を作ったらしい。
    • 雨「メモに残してあるよ」
    • 麻、あらぬ方を見ながら水を飲む。

ミニライブ、挨拶。

新幹線で帰京する。

良い話が多く聞けて満足したリリースイベントだった。 麻倉さんの誕生日の望みと、新幹線の中でお話を作っていた話が特に印象的だった。なんというか、「らしい」と感じられる。

18日

LAWSON presents TrySail Live 2016 "Headwind Sailing"

会場は東京国際フォーラムホールA。フロア、遊んでいる空間が大きくて格調高さを感じる。

  • 30分劇場「名探偵モチョン」

    • 「兼役が多いのでご注意ください」というメッセージがスクリーンに流れる。
    • コナンのパロディ。音楽やスクリーンの映像、構成まで含めて非常にそれっぽく作ってある。
    • 「お金持ち殺人事件」「遊園地殺人事件」「モチョン vs 怪盗ナッツ」「宇宙人殺人事件」(あと一つあったかどうか覚えてない...)の構成。
    • 主な登場人物は金田餅男、麻倉モチョン、雨宮天一、毛利夏、毛利天郎、シンフォニーのそらにゃん。
    • 雨宮天一は自転車に乗れなかった設定。麻倉モチョン=雨宮天一なので、その話が出た時に麻、恥ずかしそうに下を向いて台本で顔を隠す
    • 兼役に次ぐ兼役で、役分けを声色だけでやっていた。しきりに水を飲んでいた印象。
    • スタッフロール終わり、「パロディはご容赦を」みたいなメッセージが流れる
  • OPムービー。一年やそこらしか経っていないとはいえ過去の映像を見せられると感慨深い。

  • 舞台後方、白い幕の中から出てくる。ひかるカケラ、sewing dream。
    • sewing dream、縫うような振り付けが印象的。何か文字を書いているらしいのだけれど何だったのかは分からなかった。
  • MC
    • 麻「大きい」
    • 夏「奥行きがパシフィコよりある」
    • 夏、麻、天の順番で軽く挨拶
    • 夏「国際フォーラムは始めまして。ずっと横浜に引きこもってたので」
    • 麻「劇の時、からあげクンが置いてあってどうしろと思った」
  • whiz、コバルト、High Free Spirits
  • MC
    • 天、ソロの準備のために捌ける
    • 麻「座って大丈夫ですよー」
    • 夏「水分補給しようか」
    • 麻、雨の水を飲もうとする。麻「あ、天のだった」
    • 客が何か叫んでいる。夏「何か言ってる」麻「生声結構響く」
    • 麻、客に「High Free Spirits は何のアニメの曲ですか」麻「多分正解」 あまり聞こえてない様子
    • 麻、突然上手のほうへ歩き出す。夏「一人にされた」
    • 麻、からあげクンを食べる。麻「(夏に)何?」夏「食べんな」麻「レギュラー味」
    • 麻、柚子こしょう味を食べておいしかったらしい。
  • 雨ソロ
    • 二階から出てくる。
    • アルバムとライブの告知。
    • Velvet Rays
  • 麻ソロ
    • さすがー、と言いながら出てくる。
    • 衣装。襟が白の薄いピンク。白に青の花がらの膝上のスカート。
    • 麻「お腹すいたら食べてくださいね」
    • 麻、ローソンの冷麺をよく食べる。冷麺にからあげクンチーズを足す。
    • 曲について。「桃色片想い、に関連あるかなって」 見てたドラマの主題歌。「わーって言ってください」
    • PEACH
    • 振り付けが非常に可愛い。「愛しちゃうから」でハート描いたりとか。
  • 夏ソロ
    • 夏「メイクさんすごい。汗でぺったーんってなっていた前髪が復活した」
    • 夏「好きなお菓子はなんですか?」と客に聞く。夏、堅いポテチ、熟成肉味が好き。オチはないんですけど、と弁解する。
    • ポッキーが食べたくなる歌、とのことで、じょいふる。
  • MC
    • 麻「じょいじょい」
    • 雨「モチョンについて」「よく今まで触れずにこれた」
    • 麻「あれねー、不安があった」
    • 雨「あんなに兼役したことない。見ました?エンドロール」
    • 麻「最初は凝ってなかったんだけど、スタッフさんの愛があふれて止まらなくなって」
    • 雨「もちょの少年(声)をずっとあまり聞いたことなかったから」
    • このタイミングで夏が来る。雨「殺人鬼だ」麻「ナッツ」
    • 夏「怪盗ナッツの予告状のパンダ、私が描いた」
  • カバー、七つの海を渡る風のように
    • サビが極めて美しい。
  • MC
    • 雨「衣装見て見て、可愛いでしょう」
    • 夏「この人どこにスイッチがあるんだろう」
    • 雨「夏っぽい感じ」
  • パーリーパーティ、あかね色
  • MC
    • 麻、あかね色に触れて「きれいな気持ちになる」
    • 麻「ウェーブをしたい」
    • 風向きは下手から上手。Headwind ということで高く激しく。
    • 濁音でウェーブを客にさせる。麻「荒波だ」
    • 夏「グッズの話をしたいなと」麻「ジャパネット夏川」夏「どーもー、ジャパネットって、なんで自分からおちてくんだろうね」
    • 客のグッズを見せてくれ、と。麻「トライアングルステージってなんだっけ」「...そうだ!!」
    • 麻、次の曲紹介をすることを忘れている。麻「...私だー!」
  • 明日も晴れる、primary、Baby My Step
  • MC
    • 舞台の背景が青空になる。
    • 麻「振動で水が倒れた」雨「ごめん私が倒した」
    • 挨拶
    • 雨「2年目初めてのライブ、まだ1年しか経ってないのに色々やらせていただいて、TRY が目標だったけれど、恥じないくらいできた。今までの TRY 全部楽しかった。楽しくしてくださったのは皆さん。いつも順風満帆ではないけれど、逆風の時も私らしく。2年目も応援してください」
    • 麻「Smooth Sailing の時の挨拶は忘れて欲しい」
  • Youthful Dreamer
  • 一旦幕。アンコール
  • ホントだよ
  • MC
    • 雨「みんなホントだよ好きね」
    • 麻「ウソだ」
    • 夏「ウソじゃないよね?」
    • ライブツアーのお知らせ。
    • 雨「どこも美味しいものがありそう」
    • グルメマップを作ろう、という話をする
    • 夏、下手に。からあげクンを食べている? 麻「おいしそう」
    • 挨拶
    • 夏「ステージが船みたいになってて、カーテンは帆みたい。甲板で踊っていると旅をしている気分になれる。曲増えて大変だったけれど、良かったなって」
    • 麻「楽しかったですか?それを聞けただけで大満足。自分の曲でライブをすることが叶った。大変で、お芝居も難しくて不安だった。けれど、皆さんの顔をみたらもう元気100倍。またやりたい気持ちがさらに強く。楽しい空間をありがとう。是非また逢いに来てください」
    • 雨「成長を実感できた瞬間。ツアーのお知らせができてとても嬉しい。実家を一歩出て、ツアーの最後で実家に戻る。素敵なステージ、素敵な衣装。とても幸せ」
  • Sail Out
    • 麻、歌い忘れて恥ずかしがる姿。

30分劇場の兼役が見られたのが本当に良かった。麻倉さんのあれだけ低い声の演技を聞いたことがなかったのでとても嬉しかった。例の蝶ネクタイで毛利天郎の声になるところとか、普段聞けない調子なのでビシリと来る。一人芝居状態になることもしばしばあってかなり鮮烈な体験だった。

25日

麻倉ももさんの22歳のお誕生日 http://log4.hatenablog.com/entry/2016/06/25/000000

土曜日だった。前日の夜には良いケーキを買って帰った。当日は回らない寿司を食べに行き、花を買って帰宅。穏やかに過ごす。 来年も穏当に誕生日を祝うことができることを願う。