読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に麻倉ももさんのことを書きます

2016年5月

アルバム発売月だからかメディア露出が多い月だった。 らじらー!聞いて嫌な気分になったのは覚えている。 オタクに告白文書いて送らせるの誰も得しないと思う。

7日

SECONDSHOT FES -Girls Members-

昼の部と夜の部に参加。会場はメルパルクホール

司会はゴージャスと井澤さんだった。 ゴージャスの司会はもっと出演者弄りをしてくるのかなと思ってたのだが、意外と穏やかで客にかなり気を使っている様子だった。 分かりやすく道化の格好してるのにそんなに客に気を使わなくてもなあと思う。

衣装。黒のイベントTシャツにデニムのジーンズ。 麻倉さんのデニムはダメージスキニーで意外。そういうのも買うんだなと。 左腕に銀色のブレスレットをされていたのだけど、このイベントからしばらくこのブレスレットを着用しているのを目にすることが多くなった。 あと髪の編みこみに赤茶色が入ってる?と思ったのだけれど多分見間違いで、髪の色の色素が若干薄めなんだろうか。あまり気にしたことが無かったけど。

昼の部のクイズセカンドショットで,豊田萌絵さんがライダーの変身ポーズをやるので何のシリーズか当てるという問題があったのだが、 寿さんが隣の戸松さんに「これはニチアサで唯一出てないカテゴリだね」と言ってたのが良かった。

あとは良かった麻倉さんを箇条書きで書く。全て夜の部での話になってしまった。

  • 体内時計勝負ゲーム。ゴージャスが話しかけたりして邪魔をする中20秒体内時計で数えるという趣向だったのだけれど、 事前にゴージャスに「あまり話しかけないでくださいね」と言ったところ,数えてる最中にずっと顔を覗き込まれるハメになってしまい、 「わかんなくなっちゃったよー!」と空に向かってポカポカやりながら膨れ面で怒っていて、 なんというかデタラメに可愛らしかった。*1

  • ジェスチャーゲーム。始まる前ゴージャスに「この子アホの子でしょ?」と言われて「違いますー!!」と少し怒った調子で反応していた。 終わった後に「結構できるね」とフォローされたので「頭いいんです」と得意気に返すも、「それはないかな」と返される。

  • 玉入れの最中「雨」とペットボトルの側面に書いてある水を飲んでいた。

  • 昼の部と比べて夜の部は成績振るわなかったためか、終わりの挨拶で「私こんなに戦力にならないんだな」と、非常に珍しく凹んだセリフを吐いていた。

18日

超絶 盛り上がってゆこう!トーク&ミニライブ 新宿

High Free Spirits のリリイベ一つ目。会場は新宿のアニメイトホール。最後列。

最初少し座って進行しようとしていたのだけれど、後ろの席の人が見づらいだろうと配慮してくれて、立ったままイベントを進めてくれていた。 学芸大学でのイベントの時もそんな風だったな、と思い起こす。

麻倉ももさん、白のブラウスに黒のレースを羽織っている。袖が例になく短く、危うい。最後列で良かったと思う。

コーナーは「ハイフリートーク」(ライブグッズのポーチにトークのお題が入っているので、引いたお題でフリートークする)と「Sail Canvas 徹底紹介」。

「ハイフリートーク」の良かった場面。 「もし魔法が使えたら」というお題。「時間系。時間止めるとか」と言う夏川先生に対して麻倉さんが「じゃあ人より年老いてるってこと?チリツモで」と反応し、 「はーいい事言うね」と天さんに褒められたので「そう?やっぱり?だと思った」と右手で頭を掻きながら得意げな表情をしていた。 このあとすぐに夏川先生が話の本筋に戻すのだけど、それも含めて会話の流れが良かった。

麻倉さん。トーク中、しばしば客席を見るでもなく遠くのほうを見ている目つきをしていたのが気になっていたが、 今から考えると客席後方のミキサー席のあたりに指示板とかがあったのだろうかと思う。

Sail Canvas 徹底紹介」は新曲のプレゼンをして、最も良かったプレゼンの曲を1コーラスかけてくれる趣向だった。 アルバムに封入されているフォトブックを一瞬だけ客に見せて笑ってくるので良い気分になる。

HFS と僕らのシンフォニー歌って終わり。

*1:可愛いって褒め方をするのは直球すぎて少し抵抗があるんだけど