読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に麻倉ももさんのことを書きます

2016年3月

12日

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR 大阪公演 1日目

会場はオリックス劇場。 正午頃に大阪に着いた後、荷物をホテルに預けて物販を覗きに行った。 オタクと全然すれ違わねえじゃん快適ー、と思ったら会場前の公園に死ぬほど屯ってて気分が最悪になる。

何度目か分からないが、またほっそりされたかな、という第一印象。ソロはトキメキの音符。

幕間の催し物は演芸劇場と題したショートコントコーナー。 「もちゼッキーズギター」と名付けた、大関英里さんと愛美さんとの三人のコンビでのコント。 直立不動でロボット(?)になって、おとうさんスイッチみたいに良いように操られる内容。 つまりはなるべく動かないことを求められているわけだが、緊張しているからかしばしばとまばたきをして眼球がせわしなく動く様がスクリーンに大写しになっており、ひどく犯罪的だった。 眼球みたいな無意識的に動く器官を飽くことなく観察している時間、端的に言って、直球な表現になるが、めちゃくちゃエロい時間だった。 そしてコントが終わった後に一気に笑みが溢れる、その瞬間の愛おしさを感じるために大阪に来ているのだと思った。

Smiling Crescent もすごく良かった。こういう情景豊かでしっとりとした、それでいて可愛らしいミドルテンポの歌が一番引力を感じるかもしれない。 続く Blue Symphoney は少し驚きだったけど、様になっていて良かったと思う。

席は前から4列目でツアー中一番良かったのだけれど、それほど神秘的な体験をしたわけではない。やはり席位置なんて些細な違いでしかないのである。

13日

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR 大阪公演 2日目

扇町近くのホテルに宿泊した。 キャリーケース持ったまま開場ギリギリまで悠々と映画(ヘイトフル・エイト)見てたら、空きコインロッカーが枯渇してしまい非常に焦る。 しかし梅田駅の観光案内所のおっさんに聞いたところ、心斎橋の HIS に海外観光客向けの荷物預かりサービスがあるという情報を教えてもらったので、ダメ元で行ったらガラガラで無事に荷物を預けられた。 キャリーケース朝一で預けるべきだった(ホテルで預かってもらえば良かった)のと、人に聞くの大事だな、という二点。 受付の人に「どこでこの情報を知ったんですか?」と言われてちょっと気分が良かった。

ソロは夢色トレイン。 この日も Smiling Crescent と Blue Symphoney を拝めた。贅沢だ。 幕間の催し物は新喜劇と題した全員出演の長めのコントコーナー。 全員台本を手に持たされていたのだけれど、その台本を見ようともせず、セリフがない時も状況に呼応して他の演者と呼吸を合わせて芝居をする姿。アイマスの縛りをなんとかして取っ払ってあげたい。

小鳥が何かしゃべり始めた瞬間に会場を飛び出したからアイマス最高を聞かずに済んだ。 ももクロのライブも同日に大阪であったらしく、新大阪駅がオタクでごった返していた。

14日

TrySailの初!くっきりニコニコ生放送 in White day

「もちょっとおしゃべり」を読むコーナーがあってアニメぴあ思い出した。 Sail Canvas の発売が発表されて、High Free Spirits の二週間後かよ、と思う。

26日

AnimeJapan 2016

BS11ブース アニゲー☆イレブン!ステージ

はいふりの宣伝ということで登壇された。MCは久保ユリカさん。 開始が15分程度遅れ、その間BS11のお姉さんがトークして繋いでいた。強く生きてほしい。

BS11ブースでのスタンディング。 上手側をとったらまさに目と鼻の先に立たれて神秘的だった。 「麻倉ももさんの実存を意識する」という暴力的ともいえる思いが襲い掛かってくる30分間。 その後のステージと衣装が変わっており、私服だったのかなと思う。

「ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~」劇場公開直前イベント

REDステージの後ろのほうだったのでまったりと見る。 白で花柄の長くて緩いガウチョパンツから春の訪れを感じる。

トークコーナーでは戸松さんのほうから「ももちゃんは(登場人物と)年近いけどどう?」のように話を振ってもらっており、ありがたかった。 この面子だとなかなか自分から話に入りにくいだろう。

で、「今好きになる」が流れ始める中、雛虎太朗恋雪の映画第二弾が発表された。 特に明言はされてないけれど、主演だよなー、最高だ。 曲がかかった瞬間に、ちょっと下を向きながら溢れ出す笑みを見ることができて幸せだった。

はいふり スペシャルステージ

登壇者も多いし、顔見せといった感じのステージ。 黒ジャケットを羽織って High Free Spirits を1コーラスだけ披露していた。

27日

クロムクロ」 第1話&第2話 先行上映会

衣装がちょう良かった...白のワンピースは丈が膝上で水色のヒールスニーカーがよく映えていた。 両足を左寄せにして、椅子にちょこんと上品に腰掛けている様子を眺めていた。

アニメの感想を他の登壇者が言っている間、いつもは話している人のほうを向いているのに、今日はきょろきょろとしていたり伏し目がちにされていたりと、いつになく緊張されている様子だった。 1・2話だとあまり出番がない(2話の最後のほうにちょろっと出てくるだけ)ので話しにくそうだったかも。

捌け際に名前を読んだら見事にいいタイミングで決まって気持ちよかった。