読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に麻倉ももさんのことを書きます

2015年の麻倉ももさん


ばちかぶり - オンリー・ユー(唯一人)

と俺。

私生活が異常にしんどくて、麻倉ももさんがいなければ確実にドロップアウトしていた。
本当にありがとうございます。来年もよろしくお願いします。
やっぱり逃げ癖ついてるとダメですね。

お手紙も11通(年賀状入れると12通)書けて、ちゃんと自分の気持ちを伝えられて良かった。
FAIRY TAIL の芝居とか、ラジオどっとあいとか、そういう成長した部分を目一杯褒められただけでも悔いはない。
来年はもっとコンパクトに気持ちを伝えていきたい。

ラジオどっとあいも週10通お便りを出すようにしたら、ちゃんと読んでもらえて光栄だった。
結構自信がついた。もしかしたら人生初の成功体験じゃないかこれ。日本語の練習にもなったと思う。
今数えたらどっとあいに112通送ってた。

アニメ

躍進の一年。

Charlotte, FAIRY TAIL, モン娘, アリアAA。
GATE と電波教師でチョイ役。
劇場版ラブライブもあった。

なんといっても Charlotte だ。
キャラクターとして生きる姿と、なによりも死ぬ姿を見ることができるのは至上の幸せだ。
乙坂歩未さんが一度死ぬことによって、永遠に歩未さんを宿すももさんの存在はなお一層輝きを放つんだ。
そしてその後の展開が最高じゃないか。理想的じゃなかろうか。

FAIRY TAIL のラミーもやられ役で大変良かった。
気味悪さの中にどこか可愛げがあって良いのだ。

モン娘とアリアAAのモブから声を見つけるのも楽しかった。

ラジオ

継続のトラハモ, ミリラジ。
Charlotteラジオと伊福部ラジオへのゲスト出演もあった。

そしてラジオどっとあいだ。
「無音にならないように」なんて言っていた初回が嘘のようだ、一人の声優がトークスキルを成長させる場面に立ち会えた喜びに勝るものはない。
それが自分の好きな人だったら尚更じゃないか。
反省会で言葉が足りないことを突っ込まれた、その次の回ではもう直してきてしまうんだ、そういったももさんの姿だ。
ももさんらしさで満たされた、幸せな30分間を過ごすことができたのが本当に嬉しい。
ちゃんとここでも感想を書けたらいい。(けど最近の傾向的に書けずに終わる)

全体を通して、ソロでの出演が多かったのが良かったなあ。実りがあった。

と言いつつも、精神的に、というか宗教的に非常に辛い部分があるのでミリラジは全く聞かなくなってしまった。伊福部ラジオも同じ理由で聞いてない。本当に無理なんですよ...。(こういうところがあるから僕はいつまでたっても敗残者なんだろうけど)

その他出演

ラジオCDがいくつかあった。
あにめたまえはよく思い返せば今年の出来事だった。
あと魔法少女育成計画猫と私の金曜日。当時はここまでアニメに出てくれるとは想像できなかったので出演自体で大喜びだったけど、まあラジオCDにはラジオCDの良さがあった。
Web版WORKINGもあった。アニメもあればなあ。

あと...ソシャゲがいくつか。スクールファンファーレはCDが出てくれれば...

雑誌

もも色ダイアリーは1月号で連載終了。
2月号から新連載開始で大変めでたい。
大人の事情の部分もあるのだろうけど、アンケート書き続けてよかった。

TrySail の写真は良いものが多くて満足。
3人並ぶと絵になるというか、ほんとバランスが良くて映える。
CUT2015年8月号1ページ目の写真が私的ベストショット。

イベント

log4.hatenablog.com

TrySail 以外だとモン娘のイベントだなあ。
お隣の小林ゆうさんだったり久保ユリカさんと仲良くお話している姿をずっと見ていられて幸せだったし、座ってても立ってても美しいというのを再認識できた。

それと、モン娘先行上映会。シクレで来られるのは、麻薬的で危険すぎるので勘弁してほしい。

(追記) とかいうことを思っていたけど、アイマス10th 1日目のほうが、という気がしている。本質というのはああいった場面で現れるんだ、例えば観客のいないスクリーンで上映される映画のようなものが世界で一番美しいものだろう、ということだ。

来年

しょっぱなから TrySail 関係のイベントとミリオンで占められている。
良くも悪くもミリオンには振り回される一年になりそう。

ハニワの映画があるのが楽しみ。
希望を言えば、セリフ多いゲームの出演があってくれると良い。
あとやっぱりアニメ。アニメファンとしてはね...。キャラクターの感情の葛藤があってくれるとなお一層良い。
アイマスは部活っぽくて居心地が良さそうだけど、閉じた環境だけじゃなくて、色々な環境を通してもっともっと伸びてくれたら嬉しい。

私的には仕事を辞めるか続けるか微妙。お金がかかるミリオンが無かったら辞めてる。イベントは引き続き行けたら良いけど…もし行けなくてもへっちゃらなメンタルを持ちたい。

来年の年末も同じような文章を書いていたい。麻倉ももさんが2016年も幸せでいられますように。