読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に麻倉ももさんのことを書きます

TrySail 2ndシングル「コバルト」発売記念イベント TrySailに染まれ!トーク&ミニライブ 第1部

日時
2015年9月6日(日) 集合12:30/開始13:30
会場
ヒューリックホール

久しぶりに時間があるのでちゃんとまとめておく。

コバルトのリリイベの記録。
浅草橋ヒューリックホールは Skyreach のリリイベで行って以来なので、この一年を思い返すとちょっと感慨深い。

会場中央に長机、上手側にホワイトボードが設置されている。
ホワイトボードはその左右を青い紙のような覆われており、中央だけ白く残っている。
その中央の部分の上部に「コバルトに染まれ!」と大きく書いてある。

# 挨拶

Youthful Dreamer でも呼び込みしてくれた人が諸注意の後、TrySail を呼び込んでくる。
簡単な挨拶。

も「すごいねー。ひ、ひ、ひろい」
天「後ろのほうまで顔が見れていいね」

衣装はコバルトのMVで見られた黒い衣装。

天「かたいせいる。黒いセイル」
な「この衣装で笑えるの新鮮。きつかったんだ〜」

# 「コバルトに染まれ!」コーナー

ボックス内の「コバルトカード」に沿ってお話。
話し終わったらボードに貼れて、ボードをコバルトに染める。
20個以上でごほうび。

「(ごほうび)なに?」と天ちゃんのほうを向いて食いつくもちょ。
天「知りたい?」
も「(うなずく)」
天「焼肉お食事券!」
全員わーっと腕を振って喜ぶ。

制限時間は20分。
適当なトークだったらNGになり、ボードに貼れない。

天「内容のある話じゃないといけないんだよね」
な「聞いてる?」
も「聞いてるよー。私得意だもん」
な「(笑いながら)よく言うよ」

## (ナンス)癖はある?

引く時箱の中みちゃうナンス。
も「(ナンちゃんの癖は)目をしぱしぱさせる」
な「あ゛ー!」
天「写真の時目をぎゅっとする」

その後すぐにもちょにやらされた後、顔を隠して恥ずかしがるナンス。
な「癖っていうかドライアイなんだよね」

## (もちょ)夏らしいことをした?

も「お祭りに行ったんですよ。知ってますか?さみし楽しかった」
も「焼きそば食べて、りんごあめ食べて、焼き鳥食べた。わたがし食べて、花火見た」

## (天)2ndLIVEのいきごみ

天「あんまり期待させるとアレだけど」
な「何この感じ」
天「2ndLIVEなので、1stを超えられるように...すごくがんばります」

## (ナンス)女子の可愛いポイント

も「存在が可愛いと思う。さっきもそんな話してたんですけど、女の子というそれ自体がかわいい」
天「概念ってこと?」
も「ほんと、可愛いよね(最前の女性に手を振る)」
な「天は?いっぱいありそう」
天「壁ドンとかした時の...おびえた表情」
も「(天に壁ドンする真似をする)あ、私されるほうか」
な「なんか女の子にしたことあるみたいな」
天「二人のことだよ!」
な「私わがままなくらいが好き」
天「それ妹じゃん」
な「「データ消していいでしょ?」」

## (もちょ)コバルトで好きな振り付け

も「(サビの腕を上下にするやつをやりながら)これ」
天「一緒一緒」

## (天)夏をテーマにイラストを描く

な「天の絵は楽しいんだな〜」
も「ほんと上手だからね」
描いている天さん
も「それ何?」
天「自分かいとこ」
な「天の自分の絵こわいんだな〜」
線香花火をしている自分?の絵

## (ナンス)驚いた話

最近驚いてないナンス。
天「一人焼肉行ったんですけど、ウエストが15cmも増えちゃって」
も「天さんは胃下垂だから」

## (もちょ)もちょから見たナンス、一言で

てい、と言いながら引くもちょ。
な「いいんだよ褒め称えても」
も「めがねー」
な「は〜?」
も「眼鏡かわいいなーって思って」
天「好きなんだねー眼鏡なんちゃんが」
このトークはNGでノーカン。

## (天)ナンスからみた天さん、一言で

もちょ、あー、みたいな顔で椅子にもたれかかる
な「青」

## (ナンス)三人で行ってみたい場所

な「スキーしたい。私できないんだけど。教えてもらいたい」
天「スポーツ系しないから、私たち」
な「動いても汗かかなそうだから」

## (もちょ)運動会、得意な種目はあったか

も「小学校の時までは毎年リレーの選手だったんですよ」
も「今は天さんとマネージャーさんに追いてかれますけど」
天「歩くの速いもんでしてね」

## (天)宝くじで一億当たったら?

天「空気清浄機を買う」
天「あとなにがいいかな...あ!(机をドンを叩く)家政婦さんを雇う」
な「(もちょと二人で)雇われそうじゃない?」

## (ナンス)コバルトのMVのようなキメ顔を三人一緒にお願いします

な「ハズレひいちゃった」
すごい嫌そうなナンちゃん。
三人がせーの、と言ったら、客がせーの、と返して、それを合図にやる。
笑っちゃうもちょとナンス。
な「やったの天だけ?」
天「待って、やってないの?????」
も「気持ちはやった」
NG。

## (もちょ)朝起きてまずやることは?

も「息かな」
OK。
な「スタッフさんはもちょに甘いんだよ」

## (天)最近凹んだ話

天「凹むことはあるけど、話せないこともね」
天「道の溝にピンヒールがハマった」

## (ナンス)最近見た夢の話

な「悪夢しか見てないから...」
天「聞いたことある」
な「話せないような悪夢だから」
天「そうだね」
も「何?知らない!」
な「もちょに話したら泣いちゃうから」
な「ゆるい感じのやつは、ゾンビに追いかけられる夢」
も「あー痛い。痛いじゃなくて怖い」

## (もちょ)天さんから見たもちょ、一言で

すごい可愛い声で読み上げるもちょ
も「いやー楽しみだなー」
天「もちのことを一言で言うと〜?」
ずっと天さんのことを見つめているもちょ
天「キラキラした目で見られてもなー」
天「天然!」

## (天さん)好きな食べ物

時間が少ないのでさくさく行こうと決める三人。
天「焼肉です!」

## (ナンス)コバルトのジャケット撮影時のエピソード

な「雨が降ってた」
NG。
な「降ってた。雨降ってた」

## (もちょ)Velvet RaysをPRしてください

天「かっこよくて美しい曲で、頑張って歌いました」
天「MVは私しか出てなくて、いつもよりずいぶん綺麗に撮っていただいたので、私の綺麗の限界を見てください」
も「ほんと凄かった。めっちゃ綺麗だった」
な「会社の一番でっかいところに流れてたよ」
天「雨宮さんの限界を」
な「(ぼそっと)まだまだだな。まだまだ全然限界じゃない」

## (天)〜〜の秋

な「読書」
も「食欲」
天「ダイエットします」

## (ナンス)ホントだよであいうえお作文

な「あいうえお作文、トラウマだからな」
も「すごいいいの思いついた。天才だよ?」
も「本気で、んーと、トライセイルを、大好きになる、予感」
会場拍手。
天「ナンちゃんのコバルトのあいうえお作文、なんだっけ?」
な「小芝居、るんるん、トライセイル」
天「じゃあ次ひいてー」
机につっぷすナンス。
天「かわいいよー」

## (もちょ)自分を褒めてあげたいと思った話

も「全部!!」
OK。
な「もちょに甘い」

これで20個。
も「焼肉だー」

## (天)コバルトを初めて聴いた時の感想

も「私ハラミが食べたい」
会場笑。
天「私もハラミが好き」
も「気が合うねやっぱり」

天「構成が面白いなって。かっこいい曲が好きなので歌うのが楽しみでした」

も「タンもいいなー」
な「もうちょっとガマンしてくれない?」

## (ナンス)アニサマの感想

な「広かったね。トロッコだから、広さがわかった。TrySailのTシャツとかタオルとか、心強かった」

ここで終わり。
焼肉券進呈。

も「とったどー!」
天「三人でプライベートでご飯行く機会減っちゃったから、溜まってた分を焼肉で」
も「胃に返そう」
な「胃がかわいそう」

# 表彰状授与式

ホントウソクイズのA賞景品。

クイズは簡単か難しかったか聞いていたけど、難しかったと答える人はちらほら。
A賞は全部で10名当選。第1部で5名、第2部で5名といった感じの様子。
1名欠席で、計4名。

三人は下手側に移動し、当選者は壇上に上げられて、上手側に。
も「おめでたい感じですね」

当選者は自己紹介させられる。
名前と一言メッセージ。

ファイナルトライとして、ここでもホントウソクイズをやる。
4人の中で、最後まで残った人にはトロフィー進呈。
4人に、「ホント」と「ウソだ」が書かれた棒が渡される。
残り1つがもちょにも渡される。

天「私たちは問題と答え知ってるんですよ」
も「なんで知ってるの?」
天「簡単って言ってたから、全問正解余裕ですよねー」
も「ゆっても、3年、4年、5年くらい一緒にいるから」
な「アバウトだな」

## 1問目「ナンスの正式な表記はひらがなである」

4人とも「ウソだ」。
もちょ、少し迷って、横見て「ウソだ」を上げる。
正解は「ウソだ」。

## 2問目「麻倉ももが1月に引いたおみくじは大吉である」

も「ひいたっけ?」
一人以外全部ウソだ。
正解は「ホント」。
も「ウソだー」
も「だからこんなハッピーなの?」
天「大凶でもハッピーだと思うよ」

ここで決まったけど、客も参加で最後まで一応やる。

## 3問目「声グラ8月号で、雨宮天が来ている浴衣の色は赤色」

天「どうだったかしらねーあたくしが着ていた浴衣の色は」
やたらと動いている天さん、そこへ大きいマイクノイズが入ってしまう。
天「(小さい声で)ごめんね...」

正解は「ホント」。
も「やった!当てたよ!」
天さんがもちょの頭をなでなでしている。

## 4問目「トラハモでナンスの誕生日に出てきたパンダケーキ。耳を食べたのはナンスである」

もちょが天さんにこそこそしている。
な「カンニングはやめてください」
天「わかりませーん!」

もちょ、横の4人の様子をうかがって札を出す。
正解は「ウソだ」。

も「やったー」
カンニングしたでしょ、と言いたげな二人。
も「え?ぬれぎぬー」
な「もちょが悪い子になった」
耳を食べたのはもちょらしい。
も「耳をナンちゃんに食べさせなかったっけ?」

## 5問目「1stLIVEのお芝居。タイトルは Yesterday Dreamer」

正解は「ウソだ」。
本当は Yesterday Diver。

## 6問目「雨宮天が焼肉を食べる時のみ食べる飲み物はコーラである」

正解は「ウソだ」。
りんごジュースか、パインジュースを飲む。
コーラは全然飲まない天さん。

またマイクノイズが入り、逃げ出そうとする天さん。
な「(もちょに)その札うちわに使うのやめてもらっていい?」
も「結構涼しいんですよ。(と言いながら横の人を扇ぐ)」

## 7問目「TrySail という案を出したのは雨宮天である」

正解は「ホント」。

も「すごい!全問正解だ!」
天「ほんと?」
も「ほんとだよ!」
天「ウソだー」
も「やっぱりすごい絆があるんだなって思いました」
も「3年、4年、5年、絆があるんだなって」
はー、という顔をしている二人。

表彰状は三人で同時に渡していた。

# ライブ

ライブの前に準備。
も「近くでお会いしたの初めてだったから。嬉しいね」
な「自分だったら緊張するだろうなと思いました」
も「ファイナルトライ、抜き打ちだったの?」
も「私抜き打ち検査きらいだもん」

もちょと天さんがお水を飲みに行く。
な「一人になっちゃった。手を振ってるね」
天さんが水を持ってきて、ナンスに差し出そうとするが、怖がっているナンス。
も「大丈夫かなーこれからライブなのに」
な「天の優しさは怖い時がある」

ライブは立ち禁。

天「よし行くぞ!」

## コバルト

## MC

な「お水飲むかい」
天「飲む」
も「私も飲もう」
な「また〜またなの〜」

水を持ってナンスのほうにだーっと走ってくる天さん。
な「ぎゃー」
客に背中を向けて何かごそごそやってる。
な「むりやり水を飲まされた」

ナンちゃんを下手側に連れて行こうとする天さん。
天「ナンちゃん、大丈夫」
天さんに肩を抱かれて下手のほうに輸送されるナンス。
な「輸送された」

上手にぽつねんと立っているもちょ。
天「もちどうしたん」
な「わかんない」
もちょのほうに寄ろうとする天さん。
も「いいっていいって!」
も「怖いよ。ナンちゃんの気持ちがちょっと分かった」
天「ひどいよー」
も「何かある時の笑顔だったもん」

なんか様子がおかしいもちょ。
ここで最後の感想。

天「今日は新しい形式でドキドキしたけど、楽しかった。コバルトの時も嬉しかったし、楽しいリリースイベントでした」
も「広いのに近い会場で、顔がよく見えて、ありがたいなーって。みんなのキラっとした目が見えて楽しかった。みんなで楽しいなってなれたらいいなって思います」
天さん、遠くをうかがうようなジェスチャーをしながら客席を眺める。
な「コバルトはコバルトだけでは綺麗な色になれないという意味。今日はTrySailだけでは素敵なイベントにはなっていなかった。これからも三人だけでは輝くことができないので、皆さんの応援でコバルトにしてほしいです」

天「いいこというわー」
も「すごいねー」

## ホントだよ

もちょがタイトルコールをする曲だけれど、始める時に「コバルト」と言ってしまい、やり直しになってしまう。

メモ終わり。
1時間くらいで終了。

# 所感

TrySail 単独のイベントは6月のリリイベ以来だから3ヶ月ぶりか。
めちゃくちゃ楽しくてこれ以上ないくらいだ。
濃密で幸せな1時間だった。
この濃密さはどこから感じるものか。

アイマスアニサマ、各種アニメのイベントと色々あったが、やはりこの TrySail 三人だけでいてくれる時の安心感は何にも代えがたい。
というのも、やはり自分はこの三人の「関係性」に唯一無二の魅力を感じているからなのだろう。
それは不思議なバランスで成り立っているものなので、その空気を読み取れない異物が入り込むと綺麗さっぱり崩れてしまう儚さを併せ持つ。
具体的には TrySail としてラジオにゲストに呼ばれた時がそうで、ファシリテータの質によって「TrySail らしさ」が全くもって変わってくる。
それは番組自体の面白さ、ファンが求めるもの、新規の客が抱くゲストへの興味に直結するという意味でインパクトが大きい。
例を上げて比較したいのならば、2h とミュ~コミプラスを聴き比べれば良いだろう。
長くなるのでやめておくが、この辺りのことはいずれ時間をとってちゃんと文章にしておきたい。

TrySail の歴史的には、抽選当選者のみという形であるが、客とのふれあいが含まれる最初のイベントという意味で意義深かったのではなかろうか。
TrySail にはどうしようもなく純粋さを感じているので、客と接触させるのは非常に不安がある、というよりもできるだけやめてほしいというのが本音ではある。

今回最も来て良かったなと思えた瞬間は、Velvet RaysをPRする、というお題の時、PVの綺麗さは自分の限界だったという天さんに対して、ナンちゃんが独りごちるかのようにぼそっと、「まだまだ全然限界じゃないな」と言った時である。
とても良いイベントだった。