読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に麻倉ももさんのことを書きます

TrySail の TRYangle harmony 第73回 (2015.5.27)

# オープニング

## ふるふるトピックス

- ナンスのふるトピ
- ナンス「さっきね、もちょの似顔絵を書いてたんだけど」
- もちょ「えー、ホントに好きなのね、オホホホホ」
- 天「調子にのってるよこの子」
- ナンス「違うし!目の前にもちょの顔があったから」
- もちょ「天の顔もあった」
- ナンス「そうなんだけどもちょの顔が一番描きやすいんだな」
- 天「簡単そうな顔をしてる」
- ナンス「すごい簡単だからほんと。もちょ顔文字の顔書くじゃん、輪郭書いて、髪型をこうやって、はいもちょ〜〜(ドヤ声)」
- もちょ「似てないよ〜顔四角いし」
- ナンス「吹き出し書くじゃん、吹き出しの中に顔かくじゃん」
- 天「スライムみたいなね」
- ナンス「ヘルメット書いて、髪かけば、はいもちょ〜〜(ドヤ声)」
- もちょ「にてない〜にてない〜」
- 天「サイド毛をつけるともっとそれっぽい」
- もちょ「にてないもん!」
- ナンス「皆さんももちょの似顔絵を描いてみてくださいね」
- もちょ「にてないよ!」

# 名言めもちょ

- もちょ「戦いの時がやってきました」
- 天「前回の屈辱忘れられない」
- もちょ「そー!そうなんですよ今年初正解を当てたんですよいぇーいふっふふー!」
- ナンス「ペンの色が若干違ってたからという」
- もちょ「あれは私はわかってたー」
- 天「ナンちゃん...やろう!」
- ナンス「前回協定を結んだ仲なので」
- もちょ「どっちかが正解したらどうなるの」
- 天「もちに勝つっていう目標が今回はあるので」

## 金本知憲「私が男にかかせないと考えている条件は〜〜だ」

A. 信頼に答えることだ
B. 小さくても芯のある覚悟
C. 守る覚悟

- 天「信頼の意味は大丈夫?」
- もちょ「馬鹿にしてるのかー!」

- もちょ「えーどうしよう」
- 天「男に欠かせない。これがなきゃ男じゃねーよってことですね」
- もちょ「全部いい言葉だから」
- 天「(リスナーが言っているように)胸が熱くなる言葉とか選んだら」
- もちょ「私はこれが一番いいって思うのがあった」

- もちょの答え ... C
- 正解 ... A

- ナンス「正解の、どう思ってた?」
- もちょ「すごいいいと思ってた。信頼を守るって男には欠かせないことだと思うし。これがないと男じゃないというか」
- 天「Cのほうが、Aよりも、ぐっときた。心にきた」
- もちょ「待って待って誰が考えたの」

- もちょ「雨宮天さんですか...」
- 天「そうです〜すいませんね〜ぐっとくる言葉考えちゃってすいませんね〜ほんとにね〜」
- もちょ「ぬ〜〜〜〜〜〜〜」
- 天「その顔欲しかったんすよ!今日はね、もちちゃんと席お隣ですから。近くで拝めるなんてね」
- ナンス「Bのことはどう思ってましたか」
- もちょ「なんとも思ってなかったよ!!」
- ナンス「な〜〜〜なんなんだよーーなんでそういうこというの〜」
- 天「ナンちゃんが泣いちゃった」
- もちょ「よく考えたらCは天が考えそうだなと」
- ナンス「簡単に騙されやすいね、ほんとね、Cへの誘導やん」

## リチャード・バック「プロの作家とは〜〜アマチュアのことである」

A. プロの本を読み続けた
B. 世界を作ることをあきらめなかった
C. 書くことをやめなかった

- もちょ「なんで読み続けたの?」
- ナンス「作家さんってさ、本が好きだから作家の世界に入るんじゃないかな。有名な作家さんの本読むと、他の本とかを例に挙げてる人とかいて...」
- もちょ「ん、これはナンちゃん?」
- ナンス「ちがう!そういうことを言ってるんじゃない!そういう邪推はいけない!」
- もちょ「へ〜」

- もちょ「世界を...なんで?」
- ナンス「世界を構築できないと物語は作れないよ」
- もちょ「あ、たしかに世界ってそういうことか」

- もちょ「Aはないの。ちょっとよくわからない。Bもひっかけっぽいんだよね」
- 天「(小声で)ナンス...」
- もちょ「なにーなんで笑ってるの」
- 天「思い出し笑いしちゃった」
- ナンス「思い出し泣きしちゃった」
- もちょ「ナンちゃん涙目だよ。もしかしてナンちゃんAなの。私がないって言ったから泣いてたの」

- 天「もちはまず、正解をまず切る癖があるのは忘れちゃだめ、あと、いつもメールの中にヒントがあるのと、誰が言ってるのか忘れないと」
- もちょ「は!そっか!なるほどわかった!」

- もちょの答え ... B
- 正解 ... C

- 天「なんでB選んだの」
- もちょ「え、アメリカだから」
- 天「は!?」
- 爆笑するナンス
- 天「待って待って予想外」
- もちょ「世界。ワールド。世界のアメリカ?あとは小さな世界。歌があるでしょ。そういうこと」
- 天「ナンちゃんの顔がなんともいえないんだよね。怒りと悲しみに満ちた顔をしている」
- ナンス「私、Aなんですけど、もちょがまっ先に切ったから涙目になっちゃったの」
- 天「見たらさ、目からじわっと涙が出てさ、それみたら私笑い止まらなくなっちゃって。ああナンちゃんああナンちゃん」
- ナンス「いろんな本が出てくるわけよ、そういうのを見てね、プロの作家さんは、いろんな本を読み続けた結果、作家になったんだなと思ったわけ」
- もちょ「そういう人もね、いるという」
- 天「今回、もちょの心にぐっときたのは...」
- もちょ「ぬ〜〜また〜〜」
- 天「つまりね!」
- もちょ「そら...」
- 天「もちいい顔だよ!隣で見ると格別だね!たまんないよ!」
- ナンス「流して大丈夫かなあこれ」

- ナンス「すんすん」
- 天「せいぜい諦めずがんばりな」
- もちょ「優しい天どこへいった」

## 野村克也「〜〜からしか名言はでない」

A. 気付き
B. 失敗
C. 苦労人

- もちょ「失敗からしか名言はでない...いや、成功してからも名言は出る」
- ナンス「それだとさ、全部そうじゃない」

- もちょ「考え始めるとごちゃごちゃしてきちゃうんだけど、聞いた時に、これだって思ったのがあったの」
- ナンス「野村監督ですよ」
- もちょ「あーそっか野村監督かー」
- ナンス「それで変わるんだ」
- もちょ「大丈夫。監督さんだもんね」

- もちょの答え ... C
- 正解
- もちょ「やったーーーーやったーーーやったーーーーー」
- 天「今結構いけたかなと思ったんだけどなんで」
- ナンス「多分C選ばれちゃうかなと」
- もちょ「よかったーふー」

- もちょ「Aはまず無かったの。BかCで迷ってて、成功してからも名言は出ると思って、Cにしたの」
- 二人「...」
- もちょ「えとえとちなみにAは誰..」
- ナンス「あの..えと..えっとですね、Aは天が考えました」
- もちょ「おー」
- ナンス「おーじゃねーよ」
- 天「ナンちゃん...悪かった。計算ミスったよ」
- ナンス「すまない。あまり誘導できなかった」

- もちょ「おいわいしてよー」
- 二人「おめでとう...(パチパチ)」

- 天「まあ今回はこれは不正なく。前回とは違って」
- もちょ「前回もそうです!」
- 天「前回はちがうけど!今回は負けたよ」
- もちょ「二人がかりでも私にはかなわないかしら。オホホホホ」
- ナンス「協定結んだところで勝敗に関係ないことが分かってしまったね」
- 天「そうですね。これはあれだ。私もう味方とかもう作らない」
- もちょ「いやいやあのみんな仲良くしよ」
- 天「しっかり戦っていかないと。協定なんて結んじまったから」
- ナンス「慣れ合ってしまったから。決裂!決裂!ばいばい!」
- もちょ「仲良くしようよ!」

- ナンス「野村克也さんの名言って言った瞬間に天が机に頭を突っ伏してしまったよ」
- 天「こんな名言二度と聞きたくない」
- ナンス「やめなさい!」
- 天「(泣いてる)」
- ナンス「ぐずってるぐずってる」
- もちょ「天、ほら、泣き止んで」
- ナンス「私よりはましだよ」

# お知らせ ... セカンドショットチャンネルの宣伝

# ここで一曲 ... Youthful Dreamer

# エンディング

- コバルトのお知らせ
- ナンス「あまりにも盛り上がりすぎまして、まるメールがまるっとまるまるカットされました」
- もちょ「これからもうちょっと早くドントシンクフィールしようかな」
- ナンス「それもちょっと危険なことがあるからね」
- もちょ「危険?」
- ナンス「よく考えて出してもらいたいの」
- もちょ「最後の問題はドントシンクフィールしたの。やっぱりドントシンクフィールしたほうがいいのかもしれない」
- 天「それはないな。考えてこう。吟味吟味」
- ナンス「そうでないとね、私たちが誘導する時間が...おーっと」
- もちょ「なんなんだよー!」
- ナンス「なんでもないよー」

# アフタートーク

- もちょ「天もうちょっと声張ってこう」
- ナンス「天のテンションが低い理由はこれから明かされます」

- 2分
- 天「今回のトラハモはめもちょをお送りしましたね」
- もちょ「私勝ったのにさーなんでさー祝ってよー私がかわいそうじゃん」
- ナンス「じゃあ30秒だけ祝おうか」
- ナン天「おめでとう...」
- もちょ「なんでよ心からー!私がさーせっかく勝ったのにさー二人ともさー」
- 天「だってさー勝たれちゃったらさー」
- ナンス「(あくびをする)」
- 天「(悪い笑いをする)」
- もちょ「なんであくびしてんの!」
- 天「なんつーのかな、全然テンションが上がってかないんだよね。人間が自分の手のひらの上で転がされてるのを感じないと満たされないの私」
- ナンス「うわあ...」
- 天「お祝いとか、無理だから」
- もちょ「こわいよお」
- 天「私にパーフェクトくれたら、負けのお祝い」
- もちょ「お祝いじゃない!私は勝ちたいのー!」
- 天「私の選択肢を全て選んでくれた!よかった!おめでとう!」
- ナンス「ゆっても三門中二問天のを選んだわけだから、トータルアベレージでいったらもちょ負けてるんです」
- 天「今まであまりになさすぎたから衝撃的なだけで、実際全く負けてないんだよね」
- もちょ「え」
- ナンス「今回の一問はもちょにプレゼント。ボーナス。よくここまで頑張りましたボーナス」
- 天「たまには飴をやっといたほうが鞭がきく」
- もちょ「あの、えっと。ちょっとー!」
- ナンス「もちょのやる気がそがれちゃったらこのコーナー終わりだから、やる気を保たせるために若干飴をあげるという」
- ナン天「上げて上げて上げて落とーす」
- 天「ずどーんってね!」
- もちょ「ちょっとー!本人前にいるんですけど!」
- ハイタッチするナン天

- 2:25
- 天「すごいやる気でた。ありがとうナンちゃん」
- もちょ「もちょの名言めもちょもちょの名言めもちょもちょの名言めもちょ...もちょの名言めもちょなのに...」
- 天「大丈夫もちょ飴をあげるから」