読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に麻倉ももさんのことを書きます

TrySail 1stLIVE 2015 "Sail Out!!!" 昼の部 (2015.5.25)

イベント

- 会場はパシフィコ横浜国立大ホール

- 物販
-- 9:30開始だったので8:30あたりから並び始めたがブルーTシャツが売り切れ。ブルーTは即全サイズ捌けてしまった
-- ガチャは1回500円。500円玉のみ可能なので両替で混み合う感じになっていた。両替列とその他を分けていないため1周30分くらいかかってしまった

- 会場
-- AAを潰していたので運命力によって前から5列目だった
-- 当日券売ってたし3階も潰していたけど、まあ埋まっていてちょっと安心した
-- ステージはスクリーンにライブロゴが映し出されていて、舞台上は黒い幕で隠されている
-- 結構カメラ入ってたから映像化してくれないかな...

- 数分押して開演
-- 幕が外されると教室?のようなセットが出てくる。後ほど大学の研究室をイメージしたものだと分かる
-- セットの上にはロッカーと机と椅子と。左のほうにはホワイトボード。ホワイトボードには、ワームホールの図とそれっぽい数式が書かれている。ワームホールの上のあたりには「black + white = panda」と書いてあった
-- スクリーン、黒に白文字で「TrySail 30分劇場」と映しだされる

- 30分劇場の服装
-- みんな白衣を着ている
-- もちょのスカートは濃い藍色に白の花がらが入っている。上は灰色のシャツ。髪は編んで左に流すやつ。赤いメガネをしている
--- 自分のメモにはスウェットとか書いてあるけどそれはないだろう...
--- 赤メガネもちょ、白衣とも相まって大人っぽくてすごい良かった♥
-- ナンスはベージュの七分丈のズボンをはいている。上はチェックのシャツ。髪はポニーテールにしている
--- 服装が理系っぽい感じで面白かった。実際にいそう
-- 天ちゃんはデニムのサロペットをはいていた

- 30分劇場のネタバレあらすじ
-- 虎井大学物理学研究室に所属している、という設定の三人。三人は出会ってもうすぐ4年、というセリフがあったが、実際の三人も出会ってもうすぐ4年
-- 最初に舞台に出てきたのはもちょとナンス
-- ナンスがもちょに、お母さんから来た面白い LINE の話をしている。今から帰るよと言ったらだめよーだめだめとか返ってきたという話
--- このお母さんの話は http://ameblo.jp/natsukawashiinablog/entry-11977569118.html が元ネタ
-- 上の空のもちょ。ナンスは「一昨日話した時に、面白いからまた今度話してって言ったじゃん」と言うも、もちょは「私そんなこと言ってないよ〜」と言う(伏線)
-- もちょに何が起こったのか聞いてみると、一昨日天さんの家に遊びに行って二人でお泊りをした時(本当はナンスも来る予定だった)、天ちゃんにひどいことをしてしまったとのこと。昨日天ちゃんを研究室に呼び出したものの、ちゃんと謝れず、悩んでいた
-- そんなもちょに、昨日に行って謝ればいいというナンス。研究成果を使ってロッカーをタイムマシンにしてしまったらしい
-- どうやらこの研究室、成果が出てないから解散寸前らしい。なおもち天ナンの三人は今度「シンポジウムデビュー」の予定らしい
-- ここで天ちゃん登場。ナンスと議論をする
-- 喜んでロッカー、タイムマシンの中に入るもちょ。大げさな演出とともにナンスがタイムマシンのスイッチを入れる
-- 驚く天ちゃんに笑うナンス。本当はタイムマシンなんて嘘とのこと。ロッカーの中のもちょに聞こえちゃうんじゃという天ちゃんに、防音加工したから大丈夫だというナンス
--- ここでナンスがロッカーの扉を拳でガンガンと叩くが、強く叩きすぎたらしく手を抱えて痛がる。天さんが「自分大事にしてね」とアドリブを入れていた
-- もちょは繊細だから傷ついちゃうと心配する天ちゃん。二人でここは昨日の世界だという嘘を付かなきゃと決心する
-- タイムリープ終了の目覚ましのベルが鳴ってロッカーから出てくるもちょ。天ちゃんとナンスが、ここは昨日の世界だという芝居をするが、ボロが色々出てしまう。基本的にナンスが下手な芝居をして天ちゃんが突っ込む流れ
--- ナンスが緊張してうまく演技できない、という芝居があるのだけど、瞬きしてカクカクしているナンスが面白くて可愛かった
-- 頑張ってもちょを騙しきれたと思いきや、ラジオが突然流れて今日の日付を言い始めてしまい、ナンスがスタンガンでもちょを気絶させる。椅子に倒れこんで座るもちょ
--- このラジオは豊崎さんが声を当てていた。お天気お姉さんがお天気のニュース(チャージ730だ)を読む内容。BGM は love your life だった
-- 頭が痛いと起き上がったもちょに、タキオン粒子が流れたんだよと言うナンス
-- ちゃんと言えなかったから、また昨日に行きたいと言い出すもちょにしぶしぶナンスは承諾する。もちょに、今度はメガネを外して行けと言う二人
--- もちょのメガネを外す仕草、めちゃくちゃ可愛かった♥
-- またタイムマシンから出てくるもちょ。天ナンスが芝居をして、なんとか当初の目的の、もちょの謝罪の流れになる
-- 「そらが席を外している間に、大好きなからあげくん食べちゃったの!」と謝るもちょ。「そんなことかあ。そんなことでそらが怒るわけないじゃん」というナンスだったが、「お、お前だったのかああ〜〜!!」とブチ切れる天ちゃん。もちょに掴みかかろうとするのでナンスが天さんを突き飛ばして、スタンガンをもちょに放つ
--- 天さんのキレ芸の表情が豊かでとても良かった
-- 「謝罪を受け入れろ!」というナンスに、「限定品だったからもう手に入らないのに..」と泣いている天さん
-- 気絶しているもちょをタイムマシンにぶちこんで、また昨日の世界へ
-- タイムマシンの中にもちょがいる間、ナンスは「もうタイムマシンの研究やめちゃおっかな..」と話す。「夢を叶えて自分の未来をその手に掴め」と励ます天ちゃん
-- 「タキオン粒子って痴漢撃退に使えそう」とタイムマシンから出てくるもちょ
-- また謝罪するもちょに、なんとか怒りを納めながら受け入れる天ちゃん。「おいしかった?」と聞くも、もちょが「味しなかった」と言って、もちょに天ちゃんが掴みかかろうとしてナンスに制止されていたりも。
--- 天さんの内心怒っているのだけれど平静を装う演技が面白かった
-- またタイムマシンに入って、元の世界に帰るもちょ。帰ってきて、「満面の笑みで許してくれたよ」って言って、天ちゃんちょっと怒る
-- 「食べちゃった分返すよ。へへーできたてだよー」とからあげくん限定味をロッカーから取り出すもちょ。もちょ、「私の機転最高だね〜」とドヤ顔する
--- ドヤ顔もちょ、凄い可愛かった♥
-- どこで買ってきたのか聞く二人。もちょはコンビニで買ってきたに決まってるじゃんと返す
-- 昨日の世界に帰る前に、一昨日の世界に行って買ってきたらしい。もちょ、また「にぶいね〜」とドヤ顔する
--- 可愛い♥
-- もちょ、ナンスにお母さんの話ししてよ!と言う。もちょがさっき(時系列的には一昨日)ナンスに聞いて、すごく面白かったから、また話して、と言ったらしい
-- なんか凄いことになってない...? 解散しなくていいかも、と言う天ちゃん
-- デビュー記念に天ちゃんの家でパーティすることになる。ナンスが、お母さんに、帰りが遅くなるという LINE をしたら、お母さんから「だめよだめだめ」と返ってきて、みんなで笑い合う。閉幕。暗転

- タイトルと脚本がスクリーンに映し出される
-- 「Yesterday Diver 伊福部崇」
-- Yesterday Diver, YDである
-- https://twitter.com/TakashiIfukube/status/602101341746376704
-- https://twitter.com/TakashiIfukube/status/602102528285618177

- 30分劇場の時系列はこんな感じだろうか
-- 一昨日(5/21): もちょと天ちゃん、お泊りをする。もちょ、からあげくんを食べる。23日から来たもちょがからあげくんを買って、ナンスにお母さんの話を聞く
-- 昨日(5/22): もちょ、天ちゃんに謝ろうと研究室に呼び出すもちゃんと話せない。
-- 今日(5/23): ナンスのタイムマシン発動。22日に行ったと思い込んでいるもちょ、天ちゃんに謝る。21日から帰ってきたもちょ、からあげくんを天ちゃんに返す

- スクリーンが消えた後、30分劇場のセットが片されながら、OPムービーが流れていた
-- スタメン発表!みたいな感じでもちょ、天、ナンスの順番で紹介されていった
-- OPムービーの後は、10から始まるカウントダウンだった

- ステージは、大きな階段があって、左右と中央に3つ階段がある。階段の間にはドアがあって入り口になっているし、山の頂上から裏に下るための階段も3つ用意されていた
- 会場の制約なのかもしれないが、スピーカーが全て下手寄りだったので、スピーカー真ん前だった夜はちょっと音響辛かった。昼は中央寄りだったのであまり気にならず

- 1曲目 TrySail「Youthful Dreamer」
-- MV の衣装で歌っていた
-- 振りコピしてる人が多かった印象
-- サビの振り付けは MV で見られるけど、それ以外はライブじゃないと見られないんだよな。Aメロのウォーキングみたいな振りが可愛い

- MC
-- もちょ「いよいよ始まりましたー」
-- ナンス「会場、思ったより2倍くらい広かった」

- 挨拶
-- もちょ「会場、こんなに広いとは思わなかった。この1/3くらいかと思っていた。2曲しかないけど、いっぱい練習した。起き上がれないくらい楽しんで」
-- 天「パシフィコ横浜、TrySail にまさにぴったり。すぐそこは海(ここでもちょがそうなの!?と言って驚いた顔をする)。終わったら休息を取って(もちょの、起き上がれないくらい、というのを受けて。もちょ、それが言いたかったんだよ、と反応)。」
-- ナンス「みんなで出航できてうれしい。TrySailの門出をお祝いしに来てくれて嬉しいです。目一杯楽しんでほしい」

- MC
-- もちょ「いきなりお芝居だったんですが」
-- ナンス「セットが凝っている。ホワイトボードにパンダって書いてあったんですが気づきました?」
-- もちょ「インテリごっこやってたもんね」
-- 天「台詞を暗記しなければならず、チャレンジだった」
-- もちょ「文字なんて覚えられないよー」
-- ナンス「難しかったね」
-- 客に反応を聞いて、良かった、と返ってくる
-- もちょ「頑張ってよかった」

- 次はソロコーナー。もちょが準備のため一旦捌ける
-- もちょ「お二人ごゆっくり。天が獲物を捉える目をしているよ」
-- 天「さぁなーんちゃん」
-- ナンス「さよならー(と言いながら舞台後ろの入り口に向かって後ずさる)」
-- 天「行かないで行かないで」

- MC
-- ナンス「これ MV の衣装なんですよ」
-- 3人ちょっとずつ違う。ナンスは長いスカート、天は落ち着いた感じ。もちょは可愛い感じ
-- 天「この衣装で大きい会場で歌えて良かった。MVの妄想が叶った」
-- ナンス「夢を叶えて自分の未来をその手に掴めってやつだね」
-- ここでもちょの準備が出来たらしい
-- ナンス「かっこいいもちょが見られると思います」
-- 天「クールもちょ、みたいなね」
-- ナンス「そんな芸人さんいましたねー」
-- 天「やっちまったなあ!なんつってねえ。今回はそんなもちょに皆さん、やられちまうかもしれませんよ」
-- 天「このくだり夜の部もやりますので、よろしくおねがいしますね」

- 2曲目 麻倉もも「瞬間センチメンタル(SCANDAL)」
-- 格好良くて可愛くてマジでどうしたらいいんだ...♥♥ってなった。今までは可愛い曲が多かったけど、こういうのも全然いけるね
-- 2番のAメロの入りで「ずっと持ってたい心の地雷、スイッチは切ってない」と歌うかっこいい見せ場があるが、その後マイクから口を逸らしていたのが格好良くてすごい良かった

- もちょの服装
-- 上は薄いピンク、スカートは白にピンクの柄が入っていた。靴は白い

- MC
-- 水置き場にあるからあげくんを食べるもちょ
-- もちょ「食べていいよ、って言ってくれたんですよ」
-- もちょ「こないだ食べたしょうゆだれ味が美味しかった」
-- 瞬間センチメンタルについて、もちょ「先生に教えてもらった曲。不良になりきってと言われたので、自分の中の最大の不良を出した」
-- もちょ「不良になったことある人いますか」と客席に聞く
-- 何人か手をあげていて、もちょ「だめだよ〜」とたしなめる
-- 次の曲について、もちょ「NHKのアニメの曲。(客からおじゃる丸?と反応があって)そう!おじゃる丸。よくカラオケで歌う」
-- もちょ「前の曲は不良のように歌っていたけれど、今度は菩薩のような気持ちで。みんなシットダウン。座ってもいいし寝ててもいいよ」

- 3曲目 麻倉もも「この町いつも〜貧ちゃんの歌〜(齋藤彩夏)」
-- ずっとにこにこしながら歌っていて本当尊いなあと思った
-- ステージ後ろの階段の上で歌っていたけど、こちらに手を振ってくれたりしてくれて嬉しかった

- MC
-- もちょ「眠ってる人がいない!」
-- もちょ「ここでなんと!ピンクでスウィーティーでキュートな人をお呼びしましょう!どうぞ!」
-- なかなか出てこない。もちょ「どうぞ!」
-- ナンスが裏の階段から俯いて出てくる。ナンス「なんでビッグゲストみたいな感じに呼ぶの!出にくいじゃん!」
-- ナンス「もちょに今度やってやろ。覚悟しとけ」
-- 次の曲について、ナンス「私達二人が出ていたアニメがありまして、ウィッチクラフトワークスというのですが。今日はそのEDを。あと3人いるのですが」
-- そのまま環那とかざりんになって小芝居をする。そのテンションのまま曲に入る
-- 曲はいるときに、客「ミューレありがとう!」もちょ「どういたしまして(かざりんのテンションのまま)」

- 4曲目 麻倉もも夏川椎菜「ウィッチ☆アクティビティ(KMM団)」
-- 振り付けがすごい可愛かった。Aメロ入る前の間奏で、アニメのED映像みたいに腕を右左右左と振っていたり
-- Cメロ入るとき、ナンスが前に立って、もちょが後ろから、ナンスの左側に体を傾けて上半身だけ出す、みたいなことをしていた
-- 表情もずっと無表情で可愛かった。無表情もちょ♥

- MC
-- そのままもちょは捌けて、ナンスだけ残る
-- ナンス「無表情難しかった。私いつもヘラヘラしてるんで」
-- ナンスはそのまま2曲歌う。まず2曲目について、ナンス「小学生くらいの時、アニメのCMを見て知った。可愛い曲だと思った。その後 OP になってるのを見たが、ギターがかっこいいと思った」
-- 次、1曲目について「今ひまわりのワンピースをしているのですが、それにぴったり。ひまわりと言うとアレを思い出しますね。天体のメソッド
-- ナンちゃんの衣装は、白に黄色の、花がらのワンピースだった
-- そのまま1曲目に入る

- 5曲目 夏川椎菜「流星のなみだ」
-- 乃々香のキャラソン。死ぬまでに聴けて良かった
-- サビで腕を上げて左右に振っていたから、客もそれに合わせて左右に振っていた

- 6曲目 夏川椎菜「そばかす(JUDY AND MARY)」
-- どストライクなので死にそうになっていた...いいよね...
-- イントロとアウトロではエアギターを弾いていた
-- 「それだけじゃお腹がすくわ」のところで、トライアングルステージの「前向きロケット団」のお腹パカパカ振り付けと同じような振り付けをしていた
-- 「思い切りあけた左耳のピアス」のところで、左耳を指し示していて、ライアー・ルージュの振り付け(ルージュにねのところ)を思い出した
-- あと「思い出せないの〜」の頭を抱えたような振り付けとかが心に残った

- そのままナンスは捌け、天ちゃんの一曲目にすぐに入る

- 7曲目 雨宮天夢空
-- 久しぶりに聴けて良かった。Skyreach のリリイベ行けてないから、プレリリースイベ以来だ

- 天さんの衣装
-- 上は白の黒い星が入っている。肩に穴が空いている、ライブ衣装らしいライブ衣装だった。ネックレスは青くて四角い5つ石がついているやつ。スカートは青に黒い靴

- MC
-- 天「夢空、久しぶりだった。リリイベ以来歌う機会が無かったので」
-- 天さん、ここで 3rd シングル発売のお知らせ。アプリゲームの OP で、続報をお待ちくださいと
--- https://trysail.jp/contents/15133
-- ここで水を飲む天ちゃん。客「からあげくん!」天「からあげくんって、もちょじゃないんだから!」
-- そして 3rd シングルをここで初披露する

- 8曲目 雨宮天「Velvet Rays
-- エレガっぽい曲で好きなやつだった
-- サビの振り付けが格好良くてとても良いです

- ここで天ちゃんは捌けて、もちょとナンスの二人が出てくる。新衣装!
-- お揃いだけどちょっとずつ違う、セーラー服風の、白と水色の TrySail カラーの衣装。すごく可愛い

- MC
-- もちょ「天かっこいい〜!」
-- ナンス「天かっこいいね〜新曲ですよ」
-- もちょ、「そらのそろかっこいいね(だじゃれ)」ナンス「ふつうだね」
-- もちょのソロについて
-- もちょ「ナンちゃんもカラオケでよくこの町いつも歌うよね」
-- ナンス「そうなの、いつも歌ってるんです」
-- もちょ「貧ちゃん可愛いよね。シゲキックスみたいで。トライアングルだし。欠けた三角形みたいな」
-- ナンス「誰が欠けるんだい」
-- もちょ「やだやだやだ。せっかく出航の日なのに」
-- ナンスのソロについて
-- もちょ「ひゃーーーーーって感じだった」
-- ナンス「ジュディマリ歌うからって、ポニーテールにしたの」
--- ジュディマリだからポニーテールというのはちょっと良くわからなかったのだけどそういうものなのだろうか...もしかして剣心、とちょっと思ってた
-- もちょ「リハでずっとポニーテールだったの。可愛いんだよね。いい顔して、はい」
-- ここでナンスの顔がスクリーンアップで映される
-- もちょ「いいよいいよいいよ。そのままそのまま。いいよ〜〜」
-- ナンス「なんなのこれ...」
-- もちょ「かわいい〜」
-- 天のソロについて
-- ナンス「歌詞すごい好き」
-- もちょ「Aメロの入りが好きなの」
-- ナンス「夢空をイベントで聞いたのは初めて」
-- ここで天が後ろからこっそり近づいて脅かそうとする
-- もちょ「ごめん気付いちゃったもう一回やって」
-- ナンス「無茶ぶりだ」
-- 肩を落としながら入り口に戻る天ちゃん
-- もういっかいおどろかす天ちゃん
-- ナンス「どどどどうしてここから出てきたの」
-- 天「忘れ物しちゃって」
--- Yesterday Diver のくだりをやる二人
-- 天「ヘタクソか」
--- この後ろから驚かす流れは、トライアングルステージでもちょがやっていたのを思い出した
-- 三人揃ったので衣装について
-- ナンス「衣装、このステージのために作っていただきました」
-- もちょ「TrySail カラーで、海っぽくて、アイスクリーム屋さんみたい。TrySailのアイスクリーム屋とかやってみたい」
-- 青色のアイスはあるか、みたいな話
-- 天「私ロイヤルブルーがすきなの」
-- ナンス「じゃあスプーン真っ青とか」
-- 閑話休題
-- ナンス「ここで、TrySail の曲を歌わせていただきます」
-- 天「あと1曲しかないよ。どうする?」
-- ナンス「本日のために作っていただいた新曲を2曲歌います!」
-- ナンス「1曲目、タイトルは "ホントだよ" というのですが」
-- もちょ「ほんと?」
-- 天「うそだ〜」
-- ナンス「ほんとだよ!」
-- ナンス「皆さんに掛け声をやっていただきたくて。もちょがいくよーって言うので。言ってね」
-- もちょ「言います...よく忘れるんですよ」
-- ナンス「忘れたら、アッて顔するよね」
-- 「ホント」という掛け声を6回、「ウソだ」を1回言うらしい
-- 天「私がホントだよの長をやります」
-- もちょ「真実の長だ。咎人から昇格したんですよ」
--- トライアングルステージでは、レッツ貢献で、天ちゃんが咎人の長役になって、コール&レスポンスの練習をするのが恒例だった
-- 練習を二回やった
-- マイクが歯に当たっちゃったもちょ。天「自分大事にしてね」
--- これも30分劇場の、多分アドリブで天ちゃんがナンスに言った台詞
-- ナンス「2曲目は、"ぼくらのシンフォニー" という曲で、盛り上がれる曲になっているので」
-- ここでお水をみんな飲み始める
-- 天「(からあげくん)食べたの?」
-- もちょ「食べてないの?」
-- 天「とてもじゃないけど食べる気持ちになれなかった」
-- ナンス「楽屋にいっぱいからあげくん置いてあるから、私ともちょはいっぱい食べてた」

- 8曲目 TrySail「ホントだよ」
-- めっっっっっっっっっっっっっっっっっっちゃ可愛いこれ。理想的に可愛い。サビの振り付けが死ぬほど好き
-- 歌詞も曲も振り付けもすごい自分好みで多幸感に包まれる。パンチラインの「女の子に恥かかせないで」って歌詞もかなり好きだし、こういうアイドル!!!!!!!って歌詞とか曲が本当に好きなんだよなぼくは
-- こんなセーラー服風の衣装で「どんなタイプの女の子が好き?」って聞かれたら、ぼくはどうしたらいいんだって感じだ。どうにかなりそうだ

- 9曲目 TrySail「ぼくらのシンフォニー」
-- スクリーンには金色の TrySail ロゴが左右に映されていたが、そういう印象の曲
-- 「出会えた奇跡が運命」みたいな歌詞があったのだけれど、その時に指を両手一本ずつ立てて体の前で回していたのが面白かった

- MC
-- もちょ、からあげくんを食べようとする。天「ガマン!」
-- もちょ「ちがうの!あれってナンスのやつ?」
-- ナンス「ペットボトルのことかい。黄色のは私のだよ」
-- もちょ「ごめん。ソロからずっと飲んでた」
-- ナンス「いいよ別に間違えても。もちょだし」
-- 拗ねる天ちゃん
-- ナンス「天でもいいよ...(天ちゃんに、水のストローのほうを向けられて)うわーやめるんだ!
-- 天「飲んで」
-- ナンス「あ、飲めってことか。かけられるかと思った」
-- と、天ちゃんの水を飲むナンス
--- この水を飲ませ合うくだりですよ...........
-- もちょ「TrySail としてのカバー曲を。次の曲はみんな聞いたことあるんじゃないかな」
-- ナンス「卒業式とか聞いたことある人いるんじゃないかな」
-- もちょ「歌い分けもこだわったので」
-- 落ち着いた曲なので座って聞いて欲しいとのこと。もちょ「しっだん!」

- 10曲目 TrySail「想い出がいっぱい」
-- ハーモニーがすっっごく綺麗だった。サンタが街にやってくるカントリーロードと続いて三曲目のハモり曲だけど、段々ハーモニーの完成度が上がっていってる
-- 元々ハモってる曲だというのもあるのだけれど、ハーモニーとかコーラスがちょっと合いすぎていて...
-- 歌詞がいいよね...若い彼女達に歌わせるのはちょっと罪ではなかろうか、と思ってしまうほどだ。少女だったといつの日か、想う時が来るのさ
-- ということでずっと泣いてた。TrySailのハーモニー曲はいつも泣いてる気がする。エモすぎるんだよな
-- 最後、コーラスを伸ばしながら、向い合って腕を上に上げていって、指揮者のように三人で振り下ろしてコーラスを止めていたのがめちゃくちゃ良かった...

- MC
-- 天「大変だったよね」
-- もちょ「全員全パート歌ってたんですよ」
-- ナンス「ここでお知らせです!」
-- 2ndシングル発売決定
--- https://trysail.jp/contents/15132
-- ナンス「今日はその曲を、さっそきゅ..」
-- 天「かわいい!かわいい!さっそきゅって言った!」
-- もちょ、天「さっそきゅ!」
--- ナンスが噛んで二人で囃すの、トラステでもあったけど本当に可愛いんだよな..♥♥ こどもかよって感じで
-- ナンス「一生言われるんだろうな...」
-- 盛り上がる曲なので立ってほしいらしい。もちょ「スダンダップ!」
--- このいちいち英語で言うの本当に可愛い♥♥

- 11曲目 TrySail「コバルト」
-- こういう風に比べるの本当に良くないんだけど、TrySail 版 GENESIS AREA だ!ってなった
-- 振り付けがすごい難しいけど、すごい格好良い。サビの振り付けが滅茶苦茶好き。腕直角にして上下に回転させるやつ
-- 終わり方すごいいいんですよ。腕を上に上げていって、拳を握ってそのまま腕を上げたまま終わる。かっこ良すぎ
-- めっちゃ格好良いんだよなあ。今回の可愛いセーラー服風衣装でこれやられるのマジで反則だ
-- MVあるらしいから、どういう衣装になるのかすごい楽しみだ

- MC
-- 天「ホントだよとは180度違ってる。これ(ホントだよのサビの、腕を前に突き出して手をふりふり回す振り付けをしながら)とは。これ(コバルトの直角にして上下二回転させるやつ)。かっこいいセイルを聴いていただきました」
-- もちょ「かたいセイルだ」
-- 天「トライセイルって、三文字の形容詞だったらなんでもいけるんですよ」
-- こわいセイルとか、ちゃらいセイルとか、うざいセイルとか...みたいな話をしている
-- 天「次が最後の曲。1stLIVEに来てくださって本当にありがとうございました」
-- 天「ユニット名の由来は、悪天候の時に張る帆のことなんですけど、トライをしていくなかで色々なことがあるけど、応援があれば、トライセイルという帆を張って荒波の日も乗り越えていけると思うので、応援よろしくおねがいします」

- 12曲目 TrySail「Sail Out」
-- 船感のある振り付けがとても良かった。TrySail はやっぱり船がモチーフだからこういう振付はすごく嬉しい
-- 一番最初と一番終わり、みんなで下手のほうを向きながら、一番上手側の天ちゃんが上のほうを指差し、真ん中のもちょが手を胸に当てて上を見るような、ナンスが手を目の上に当てて眺めるようなポーズをしているの、すごく良い。みんなで夢はひとつ!ってかんじだし、上手から下手に向かおうとしているのもとても良い
-- サビに入る前、くるくる回りながら位置移動するのが端的に言って死ぬほど好き。スカートでこれやるのほんっと可愛い。
-- サビの終わりの「はじまりの海」のところで敬礼するのもいいんだよな
-- 最後、顔を向かい合わせて手を上げていく動作があった。これ他の振り付けでもあるけどいいよね...
-- 他に色々見てしまったものがあるんだけど、それはぼくとももの間の秘密にしようね♥

- 退場
-- ステージの階段を三人で登る。登る前に顔を見合わせて、登るよ、って目で言い合っていた風だったのが良かった
-- 登ると、階段がそれぞれの色に徐々に点灯されていくの、ちょっと感動しちゃう
-- 上でありがとうございましたと行って、裏の階段を降りていく三人

- アンコール
-- 水色のライブTシャツを着てくる三人
-- もちょ「みんなとおそろいだー水色だー水色だー水色だ..水色だ..」
--- なぜか水色だと4回繰り返すもちょ
-- もちょ「ここでお知らせがあります!」
-- 2ndLIVE 開催決定
--- https://trysail.jp/contents/14665
--- 2nd のパシフィコ横浜なの地味に嬉しい。ずっと横浜でやってほしいくらいの気持ちがある
-- もちょ「6月1日から予約開始です。明日か!」
-- ナンス「いやいやいや」
-- ナンス「うれしいねー出航した場所でまたライブができるなんて」
-- もちょ「あ、そうだ。私たちって、海」
-- ナンス「ごめん、3つくらい飛ばした。トライセイルは帆、船、海」
-- もちょ「だから、皆さんとウェーブをやりたいなって。一旦船を降りて頂いて」
-- ナンス「水色を持って。トライセイルブレード発売中です」
-- もちょ「みならおーっと」
-- ナンス「もっとみならってくださいよほんと!
-- ナンス「海来たらざざーっと言ってください。きれいな海で」
-- 天「波に乗っていけるように、という願いを込めまして」と三人でスタートしようとするが、三人の出発と出航が合わない
-- 上手から下手、下手から上手と二回ウェーブをやった
-- もちょ「きれい。ウェーブみたい」
-- 天「いやウェーブやろ」
-- ナンス「本物の波に見えたってことだよね」
-- もちょ「波のバリエーション作っていきたいよね」
-- ナンス「今日プランAで。ウェーブA」
-- 天「皆さんの誰かがさ、おうちでさ、一生懸命ざーざーって練習してたらさ、可愛い!」

- 感想
-- ナンス「感想なんか言っていったらいいんじゃないかな」
-- もちょ「じゃあ麻倉さんから」
-- 客「あさくらさーん」
-- ナンス「みんな麻倉さんって言ってる」
-- もちょ「今日が1stLIVEということで、あっというますぎた。まだ練習したいところも。無事終わってほっとしてるけど、まだあるんですけど、よくわからない気持ち。まさかパシフィコ横浜に立てるなんて。こんなに人がいるところでやったのは初めて。あ、それはウソ。でも、二人とじゃないと立てない。二人に助けられて、ありがたい。一緒で良かったなって思ってる。」
-- 照れる二人
-- もちょ「こんなに素晴らしい船出を、おしてくれたので。無事に沈没しないで済みました。失敗したらどうしようって思ってたけど、吹き飛ぶくらい楽しい時間を作ってくださって、本当に本当に楽しかった。また是非遊びにきてくれますか!」
-- 客「いくよー」
-- もちょ「よかった!これで安心して寝れます。とても楽しかったです」
--- もちょがしゃべってる間、天さんが優しい目でもちょを見ているのがスクリーンに映ってて実に良い光景だった
-- 天「1stLIVE、まだ1枚しかCDがなくて、何やるんだってなって、お芝居とか、新曲だらけで、どうなることかと。大変だったね(二人に向かって)。初めての曲なのに応援してくださって、背中をおしてくださるのを感じた。2ndLIVE、またいろんなトライをさせていただくかと思う。そのたびに不安になるのだけど、応援にこたえられるように頑張るので支えてください。ありがとうございました滅茶苦茶楽しかったです!」
-- 手を大きく振りまくる天さん
-- ナンス「荒ぶっておりますね」
-- もちょ「そらっしーだ」
-- ナンス「1stLIVE、曲少なかったので、覚えなきゃいけないことがいっぱいあって、いっぱいいっぱいになって、緊張して不安だったけれど、今日ステージをお披露目できて、すごく自信になった気がする。今日三人で無事に終えられたのは、これからの強い味方になってくれるかなと思います。2nd, 3rd, 4th, 5th? これからのライブの味方になってくれると思う。無事に終えられてすごく良かったです。これからも応援よろしくお願いします」
--- ナンスは本当にいいこと言うなあ...

- MC
-- もちょ「ほんとにほんとに、次で最後の曲になってしまいます..残念です..はい..」
-- ナンス「そんな沈んだテンションでいくの」
-- もちょ「いえーい!」

- アンコール TrySail「Youthful Dreamer」
-- 最後はわちゃわちゃ、手振ってステージ狭しと動きまくりながら歌ってた。めちゃくちゃ楽しかった
-- サビに入る前に「せーの!」って言ってたのが、何がせーのなのかよく分からなかったけど、良かった

- 退場
-- 下手、上手、真ん中の順に、イヤモニなし、マイクなしでありがとうございましたを言うやつをやる
-- ステージの階段が三色に光ってる。Youthful Dreamer のピアノ版が流れながら、顔を見合わせて、一緒に階段をそれぞれ登る三人。頂上で再度、ありがとうございましたと言って、裏の階段からはけていった。会場点灯。Sail Out がフルコーラスで流れだすなか客が捌けていった