読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に麻倉ももさんのことを書きます

Lantis Festival in Taipei (2015.4.18)

- 18日の早朝に台北まで飛んで現地参加。ぶらぶら観光した後20日の早朝に帰国した
- 19日のチケットは即完売していたが、18日のチケットは当日券売ってた。8割くらい埋まっていたが、自分の周りはほとんど空席の状態だった
- チケット代、台湾の人の所得に比べると高すぎるのではないだろうか...MRT初乗りが20台湾元なので、だいたい台湾元を10倍くらいすると台湾の人の気持ちがわかりそう。なお Lantis Festival、前のほうの席は3500台湾元であった。

- 会場は台北国際会議センター。台北101の近くにある。世貿/台北101駅降りたらすぐである
- 台北国際会議センターは、急な階段の上に席がある感じで、横ではなく縦に広い。ちょっと渋谷WWWを思い出したりした。日本の会場はだいたい横に広いので新鮮
- 自分の周りがガラガラだったということもあり、演者とめちゃめちゃ目が合って凄く良かった

- THE IDOLM@STER MILLIONSTARS 名義の出演者は、中村繪里子今井麻美、山崎はるか、田所あずさMachico麻倉もも

- チケットは台湾のファミチケから購入した。購入時のメモを書いておく
  - URL は https://www.famiticket.com.tw/
  - 会員登録時に「身分證字號 / 護照號碼」を入力させられる。日本人は自分のパスポート番号を書く
  - 名前はローマ字を入れたほうが良い。パスポートと照合させられるからである
  - 日本のように抽選で席が決まるわけではなく、購入時に座席まで選択できる映画館方式だった
  - 取票方式だが、FamiPort取票/郵寄取票/現場取票 の三種類あったので、現場取票(現地受け取り)にした
  - 購入は MasterCard を持っていたのでクレカで買った
  - 購入完了すると「交易成功」とか出てきて、「取票編號」と「授權碼」が出てくる。おそらくこの番号が発券時に必要
  - 自分の場合は、購入完了画面をキャプチャして、印刷して現地に持っていった
  - なお、Yahoo!知恵袋(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11103096816)を見ると予約メールが届くと書いてあるが、自分の場合予約メールが届かなかったので注意
  - 会場内の入り口すぐ脇にチケット受け取りコーナーみたいなのができていて、購入完了画面とパスポートを持って行ってチケットを受け取った
  - なお、台湾のヤフオクを見ると結構出品されていた、というのと、台湾のオークション代行業者が何社かある、ということは一応書いておく。手数料は結構お高い様子

- アイマスの出番
  - 衣装はみんな 2nd の時の衣装
  - 基本的にもちょはずっと最上手側にいた
  - Thank You! を歌った後、中国語で挨拶をするミリオンスターズ
  - 中国語、ちょっと詰まってしまうもちょ
  - 今井麻美の中国語がうまくて(?)、おどろくような反応をするもちょ
  - GO MY WAY, READY! と続けて歌うが、Machico ともちょは初披露。GO MAY WAY の歌ってない時のかわいい振り付けや、READY イントロ入る前にキャストで背中合わせの円陣?(もちょは一番上手側。座って上を向いている)組んでいるところが見れてよかった。あと READY のステップ〜のところの歩くような振り付け。可愛い
  - 下手に移動したときにずっと目を合わせてくれて幸せだった
  - GO MAY WAY が初めてなんだよね、と振られた時曖昧な反応をするもちょ
  - MC 中も何度も目を合わせてくれてすごく良かった
  - Welcome! の間奏の挨拶を中国語でやっていた
  - Welcome の時、スクリーンにすごいいい笑顔のところをアップで抜かれていて良かった

- アンコール
  - 上だけ Lantis Festival Tシャツを着てくるアイマス
  - やっぱり一番上手にいるミリオンスターズ
  - 後ろ向いたり、よくやる手上下に動かすやつをやっているもちょ
  - 今井麻美と肩を組んでいるもちょ
  - 他の人の挨拶の時、ぴょん吉ともちょが何か話し込んでいる様子
  - OLDCODEX の挨拶で何かしら反応するぴょん吉
  - OLDCODEX のペインターの人の病気の発表の時、口に手を当てるぴょん吉
  - 影山ヒロノブが「来てくれてサンキュー」と言った時に、両手を合わせてお辞儀するもちょ
  - テーマソングを歌う時、二回も主線を歌うもちょ
  - みんなで肩組んで歌うミリオンスターズ
  - 確かバックバンド紹介の時、正座を崩して座るもちょ
  - 捌ける時、目を合わせてくれた後、左手を胸に当ててお辞儀をしてくれたもちょ

- 雑感
  - 自慢のように目が合った目が合ったと書いてあるが実際自慢である
  - 台北Lantis Festival 差っ引いても本当にいいところでした