主に麻倉ももさんのことを書きます

サンデーフェス2015 (2015.3.29)

- 司会は鷲崎健
- 電波教師チームは神谷浩史雨宮天三森すずこ東毅(原作者)
- 会場はパシフィコ横浜だったが、二階席、三階席が埋まってなくてちょっとさびしい光景だった

- 今日の天さんの衣装
- 青の丸い玉の付いたネックレスをしている
- 右腰にサンデーフェスの缶バッジが付いている
- 黒っぽくて、丈長めの薄い生地のスカートをしている
- 黒の靴に黒の靴下。ベルトも黒だった。なお靴は前履いていたものと同じ様子

- 自キャラについて
- 叶美奈子はまっすぐな子、と言う天さん
- 「きめるのは私よ」というセリフがあるが、それはドスを効かせてとディレクションがあったらしい
- 天「元ヤンっぽいところがちらちら出るので頑張りました」

- 「そらら」というニックネームを忘れていない鷲崎。鷲崎「みんなも呼んであげて」

- 鷲崎から Youthful Dreamer のことを振られる
- Youthful Dreamer もセリフや物語がリンクしていてかかっているという天さん
- 他にもヒーローになればいい、のような名言が出てくるという

- 自分は〜〜病というコーナー
- 青色大好き病ですかね、と天さん
- ネイルが青、というところで、「はいっ爪」と言いながらガバッと手をライオンのように出す天さん

- 天さんが髪ぐしゃぐしゃにしちゃって、鷲崎が「メイク泣かせ」といったシーンも

- 文脈は忘れてしまったが...
- 神谷「俺と同じ声してるな」
- 手を動かしてわくわく、のような動作をする天さん
- 鷲「わくわくじゃない!」

- 原作者が「教師ものは古代から続いて...」のようなことを言った時、「こだい?」と口パクする天さん

- 電波教師チームは捌ける。全作品終わり、バラエティコーナーに移る

- リアル青春学園のコーナー
- チーム対抗戦。景品は好きなサンデー作品全巻。景品にわくわくする天さん

- 最初はジェスチャーゲーム
- 誰が行く?という時にキョロキョロ見回して「私ですか」と小さい声でつぶやく
- すごい不安そうで、何度も「大丈夫?」と言っているようだった

- お題はチョーク
- この挙動がかなり怪しかった
- おじぎのように体を直角に曲げた後、手で黒板を表すジェスチャーをする
- 「これは忘れてください」といいつつも、おじぎを
- その後、誰かが寝てるようなジェスチャーをした後、頭から突進し始める
- 黒板の下に寝ているチョークのつもりだった天さん
- 鷲崎「意外とクレイジーなジェスチャーしますね」天「はー疲れました」

- 他の解答者の時に
- つい後ろを向いてしまって、頭抱えて申し訳無さそうにしている天さん
- 鷲「後ろ向かないでくださいね」
- 他の人のジェスチャーを真似している天さん

- セリフ大喜利のコーナー
- 書く時に腕まくりして書き始める天さん
- なかなか自分の答えを出さない天さん
- 鷲崎からオマケで正当?をもらって「わーいありがとうございます」
- 原作者の答えですぐに没収になってしまい「あ〜〜」となる天

- じゅんいちダビッドソンが出てくる
- 喜んでいた様子。手を上下させて喜ぶ
- 「こっちミラノ時間だった」というネタにすごい笑って喜んでいる天さん

- 封印したいもののコーナー
- 三「れんこんの穴の部分。得した気分になるから」
- 天「(あ、ほんとだ)」とマイクを通さないで言う
- 神「あ、ほんとだってバカかー!」
- 鷲「この二人気になるわー。ラジオやろうって売り込もう」

- 最終的に電波教師チームの勝利
- そらっしーみたいになる天さん
- 天「ほんとに勝ちたかったんです」鷲「ほんとに勝ちたかった人がやるチョークではない」

- 最後の挨拶
- 天「ほんとに勝ちたかったので。欲しいマンガがあって。今日から俺は!がずっと欲しくて。チョーク、どうしようかと思ったけど勝ててとてもうれしい。頑張って良かった。アフレコ現場は楽しい雰囲気で...いいですか?喋っても。大変だけど頑張って演じたので、それも含めて電波教師もよろしくお願いします」
- 文脈は忘れたけど、最後アゴを出すようなジェスチャーをして鷲崎に指さして「おかしいやろ!」と突っ込まれるシーンがあった

- 雑感
- 天さんのテンションが高くてとても楽しかった
- 頻繁に頭を触ったり、左人差し指を頭に当てたり気になる動作をいろいろやっていた