主に麻倉ももさんのことを書きます

AnimeJapan2015 東京喰種ステージ (2015.3.22)

- 出演者は花江夏樹、雨宮天
- 場所はBLUEステージ

- 天さんのお洋服
  - ズボンと靴は昨日と同じ
  - 白とベージュのシャツに、白衣みたいな真っ白の薄いコートを着ている
  - ネックレスは青色の長方形の宝石のようなものが5つ下がっているもの
  - 右耳、髪に隠れて見えないけれど、おそらく左耳にも、耳の上のほうに青色のイヤリングを付けている
- 昨日のように髪を編んでおらず、さらさらである
- 左から花江、天、プロデューサーの順に座っている

- 花江「アフレコ行く時は足取りが重かった」
  - 天「ほんとですか?」

- トーカちゃんは一期の時はリテイクをしたりしていた天さん
  - あっという間だったと語っていた
  - 二期の終わりは寂しいと同時に安心感もある
  - 自分のセリフが近づく時は毎回緊張していた

- 花江は天さんのことを天ちゃんと呼んでいる

- 必ず朝から五本ちくわを食べていると花江にばらされる天さん
  - あとかにかまも食べている
  - 天「ささかまが好き」
  - 最近太ったからかまぼこ類を食べている天さん
  - 天「食べてないと落ち着かない」
  - 花江によると食べてるかラベルを読んでいるらしい
  - パッケージには思いが込められていると語る天さん
  - 天さんが食べているところは司会(宣伝担当)によるとグールっぽいらしい

- 演技するにあたって考えていること
  - 天さんは監督が花江君にするディレクションに「どうやってやるの?」と思っていたけれど、花江君がこなしていくので後ろからすごいと思って眺めていた
- 司会から「違う雨宮さんの演技が見られる」と言われる
  - 一番低い声で演じている、と天さん
  - 監督に「トーカちゃんにしては可愛すぎたね」とディレクションされることもある
  - 低い声に感情を乗せていくのは難しいと語る天さん
  - トーカちゃんが何を考えているのかいつも質問しながら臨んでいた
- プロデューサーのダンノさん、オーディションの時から監督は無茶ぶりをしていたと語る
  - 金木のオーディションの時には1分くらいアドリブで拷問受けてる時の演技をさせられた
  - テープオーディションだったらしい
  - 花江君、事務所の電話の近くで録ったものだから電話がかかってくるたびにやりなおした
- 天さんの配役は、収録前までは不安だったけれど、監督が「チャンレジしてみましょう」と言ってくれた。実際収録が始まったら雰囲気ぴったりで良かったとダンノさんが語る
  - 天さん「よかったー」と安心そう

- 2期8話でトーカちゃんが金木のことをボコボコにするシーンが印象的だった天さん
  - 今までの気持ちをぶつけることができて良かった、楽しかったらしい

- 宮野がジップロックを使って収録をしていたという話
  - 天さん足パタパタさせながらお腹を抱えて笑っていた
- 1期最後の金木が飲み込むシーン、花江君は足元にお茶を置いて急いで飲み込んだ
  - 天さん、手を上下させながら「すごかった」

- 最後の挨拶
  - 天「トーカちゃんが走りつづけた先どうなるか、楽しみに。いろんな意味でぐっとくるので心して見ていただけたら」